マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノIR運営大手サンズチャイナがプラ製ストロー使用停止を発表…年間220万本の削減見込む

その他2019/01/02 17:58

マカオのカジノIR(統合型リゾート)運営大手のサンズチャイナ社が今年(2019年)元日から傘下施設におけるプラスチック製ストローの使用を停止したと発表した。

理由については、使い捨てのプラスチック製品の使用量を減少させることが環境保護につながるためとした。同社によれば、今回の措置によって年間220万本、プラスチックの量にしておよそ1トン分の削減効果が見込まれるとのこと。

このほか、各IR併設ホテル客室のバスルームで使用するシャンプーやコンディショナーなどについても、年初から使い捨てのミニボトルから補充式のものに変更し、年間270万本の削減を見込む。

今後も、宿泊ゲストに無料配布している水のペットボトルのデザイン変更を通じて年間300万本分の削減を図り、パブリックエリアに濾過式の飲料水供給機の試験設置を進めることで水のペットボトルの大幅削減を目指すといった取り組みを進めるとした。

サンズチャイナ社はマカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でヴェネチアンマカオ、プラザマカオ、サンズコタイセントラル、パリジャンマカオといった大型カジノIR施設を運営。従業員数は2万8000人超、2017年通期の訪問客数は延べ9200万人を誇る。

サンズチャイナ社の旗艦IR施設「ヴェネチアンマカオ」外観イメージ(写真:Sands China Limited)

サンズチャイナ社の旗艦IR施設「ヴェネチアンマカオ」外観イメージ(写真:Sands China Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース