マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

春節シーズンのマカオと珠海の陸路の往来は2月7〜10日がピーク…中国当局予測

珠江デルタ2019/02/02 14:08

今年の春節(旧正月)は2月5日。アジア有数の観光都市として知られるマカオでも、例年春節シーズンに多くの旅客の往来があり、マカオ治安警察局は前年同時期から出入境者数が3〜4%増、旅遊局ではインバウンド旅客数が9〜10%増になるとの予想を発表済み。

このほど、中国国家移民局が公表した予測によれば、春節シーズン中の中国各地にあるイミグレーション施設を経由した往来が8.9%増の1日平均177万人(延べ、以下同)に上るという。

このうち、マカオ及び香港との玄関口となる「拱北イミグレーション」や「港珠澳大橋珠海側イミグレーション」といった主要な陸路の玄関口では2月7日(木)から10日(日)までがピークとし、拱北イミグレーションについては7日から9日までの3日間の出入境者数が1日平均35.8万人にも達するとした。

マカオとの陸路の玄関口のとなる広東省珠海市の拱北出入境ゲート(資料)—本紙撮影

マカオとの陸路の玄関口のとなる広東省珠海市の拱北出入境ゲート(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース