マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

サンズマカオが開業15周年でタクシードライバーへ特製弁当無償配布する恒例イベント開催…マカオ初の本格ラスベガス型IR

カジノ2019/05/19 12:24

マカオ半島新口岸地区にあるカジノホテル「サンズマカオ」が5月18日に開業15周年を迎えたのを記念して200セットの特製弁当を用意し、タクシードライバーに無償配布した。

サンズマカオによれば、タクシードライバーへの弁当配布は2004年の開業以来、毎年恒例で実施しているとのこと。市民や観光客を運んでくれるタクシードライバーの存在があってこそ施設の成功があるとの考えに基づき、日々の貢献に対する感謝の意を表し、慰労するのが目的という。

気になる弁当の中身はといえば、松茸、沙参、巻貝入り豚骨ダブルボイルスープ、えびとえんどう豆のXO醤炒め、ホタテの貝柱とブロッコリーの中華あんかけ、生姜を添えた油鶏飯、桃饅頭、リンゴがセットとになった豪華な内容で、サンズマカオのシェフらが手がけた。

サンズマカオはマカオ政府とコンセッション(カジノ経営権契約)を結ぶ6陣営の一角にあたるサンズチャイナ社が運営。マカオ半島新口岸地区の外港フェリーターミナルに近い好立地にマカオにとって初めてとなる本格ラスベガス型IRとして2004年5月18日にオープンした。今月16日夜には開業15周年セレモニーが盛大に開催された。

サンズマカオ開業15周年を記念して実施されたタクシードライバーへの弁当無償配布=2019年5月18日(写真:Sands Macao)

サンズマカオ開業15周年を記念して実施されたタクシードライバーへの弁当無償配布=2019年5月18日(写真:Sands Macao)


タクシードライバーに配布された弁当のイメージ(写真:Sands Macao)

タクシードライバーに配布された弁当のイメージ(写真:Sands Macao)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース