マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

バンダイナムコの「VR ZONE」がマカオフィッシャーマンズワーフに今秋オープン

澳日関係2019/05/21 08:36

マカオの複合レジャー施設「マカオフィッシャーマンズワーフ」は5月20日、日本のバンダイナムコアミューズメントと組み「VR ZONE MACAU」を今秋にも施設内にオープンする計画と発表。両社によるサイニングセレモニーを開催した。

「VR ZONE」はバンダイナムコアミューズメントが日本国内21ヶ所、英国など海外7ヶ所にサテライト展開するアミューズメントスポットで、VR(バーチャルリアリティ)の技術と体感マシンの技術が融合した次世代のエンターテインメントとして注目を集めている。

マカオには『急滑降体感機 スキーロデオ』や『極限度胸試し 高所恐怖SHOW』といった子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめるVRアクティビティの導入を予定しているという。

マカオフィッシャーマンズワーフインターナショナルインベストメントの陳美儀総裁によれば、施設の面積は約1万平方フィート(約930平米)、初期投資額はおよそ2500万マカオパタカ(日本円換算:約3.4億円)とのこと。

「VR ZONE MACAU」サイニングセレモニーに臨むマカオフィッシャーマンズワーフインターナショナルインベストメントの陳美儀総裁(左)とバンダイナムコアミューズメントの堀内美康取締役=2019年5月20日、マカオフィッシャーマンズワーフにて本紙撮影

「VR ZONE MACAU」サイニングセレモニーに臨むマカオフィッシャーマンズワーフインターナショナルインベストメントの陳美儀総裁(左)とバンダイナムコアミューズメントの堀内美康取締役=2019年5月20日、マカオフィッシャーマンズワーフにて本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース