マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノで発生した約4320万円分チップ強盗事件の容疑者逮捕…中国本土出身の男女4人

社会・政治2019/05/25 14:15

マカオ司法警察局は5月25日未明、前日午前5時すぎにコタイ地区にあるIR(統合型リゾート)ザ・プラザ・マカオ併設のカジノ施設でゲーミング(カジノ)で発生したチップ強盗事件の容疑者逮捕に成功したとして、緊急記者会見を開催した。

警察発表によれば、容疑者は4人(男3人、女1人)。このうち、カジノ入口の警備員とゲーミングテーブルを担当していたディーラーに対して催涙スプレーを噴射して襲い、テーブルにあった額面10万ドルのチップ31枚、計310万香港ドル(日本円換算:約4320万円)分のチップを奪った実行犯とみられる男2人は、犯行後すぐに現場を離れ、タクシーを乗り継ぎ、服装を変えながらマカオ半島北部の關閘イミグレーションへ移動し、広東省珠海市へ出境したが、同時並行で身元の割り出しを進め、その情報を提供した中国公安当局が同市内で逮捕したとのこと。実行犯は移動の途中にマカオ半島中区のファストフード店で仲間とみられる女にチップを引き渡していたことが確認されたという。

また、警察が「スカイアイ」と呼ばれる公共エリア監視システムでチップを受け取ったとみられる女の行方を追跡。この女がコタイ地区にあるIR併設ホテルに宿泊していたことが判明。その後、客室内で仲間の男にチップを受け渡すタイミング際に両者を逮捕したという。女は一部のチップをカジノで使ったほか、現金化しており、逮捕時に残っていたチップは290万香港ドル(約4040万円)分だったとのこと。

なお、実行犯の男のうち1人が前日に女装して現場を訪れていたことも判明。犯行にかかった時間はわずか2〜3分で、司法警察局が事件を認知したのは発生から10分以内だったとした。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。

ゲーミングチップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばゲーミングチップを狙った犯罪が発生している。

マカオの面積はおよそ32平方キロ。この小さな地域に、大小合わせて約40軒ものカジノ施設が軒を連ねる。中でも、コタイ地区は大型IR集積エリアとして知られる。

カジノチップ強盗事件があったマカオ・コタイ地区のIR(資料)-本紙撮影

カジノチップ強盗事件があったマカオ・コタイ地区のIR(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース