マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

第19回マカオフードフェスティバル開幕…北海道から21店が出展する特設コーナーも=毎年恒例の大型屋台村イベント

観光2019/11/09 10:19

 毎年11月にマカオの観光名所、マカオタワー前の西灣湖広場で2週間超にわたって開催される大型屋台村イベントで、今年で18回目を迎える「マカオフードフェスティバル(中国語:澳門美食節)」が11月8日に開幕した。

 マカオフードフェスティバルは地元飲食企業による中国料理、ポルトガル・マカオ料理、日本料理を含むアジア各地のメニューを味わうことができる屋台が多数並ぶほか、毎年特定の国・地域にスポットを当てたコーナーを設けることでも知られ、今年は日本の「北海道」となっている。なお、前回はシンガポール、前々回は日本だった。

 ブース出展数は合計およそ160。このうち地元マカオの飲食店が118、北海道からが21となっている。

第19回マカオフードフェスティバル開幕式典=2019年11月8日、マカオ・西灣湖広場(写真:GCS)

第19回マカオフードフェスティバル開幕式典=2019年11月8日、マカオ・西灣湖広場(写真:GCS)

 第19回マカオフードフェスティバルの会期は11月24日までの17日間。オープン時間は月曜から木曜が17時から23時、金曜から日曜が15時から24時まで。マカオは香港や中国本土でグルメの街として知られているほか、例年会期中にはマカオグランプリも開催される(11月14〜17日)こともあり、地元客だけでなく、多くの観光客を吸引するイベントとなっている。なお、入場無料だが、会場内は完全キャッシュレスとなっており、ブースで飲食物を購入する場合にはクレジットカードや交通系ICカードの「マカオパス」といった電子マネーで決済する必要となる。

 マカオといえば、多様な食文化の宝庫としても多くの観光客を魅了しており、2017年11月にはユネスコ食文化創造都市に登録された。これをきっかけに、政府は2018年から独特の食文化をフックにした各種観光プロモーションを展開している。

第19回マカオフードフェスティバルの会場を視察する崔世安マカオ行政長官ら=2018年11月9日、マカオ・西灣湖広場(写真:GCS)

第19回マカオフードフェスティバルの会場を視察する崔世安マカオ行政長官ら=2018年11月9日、マカオ・西灣湖広場(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース