マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、關閘イミグレーション経由の出入境者数が単日最多記録更新…1月11日に49.9万人

産業・経済2020/01/14 10:09

 昨年(2019年)、マカオ半島北部にあり、広東省珠海市の拱北地区との主要な陸路の玄関口となる關閘イミグレーション(通称:ボーダーゲート)経由の出入境者数は対前年8%増の約1.45億人(延べ、以下同)に上った。同年のマカオ全体の出入境者数の75%を占めた。

 マカオ治安警察局が1月13日に発表した最新データによれば、今年(2020年)1月11日の關閘イミグレーション経由の出入境者数が49.9万人に達し、昨年12月28日に記録した最多記録(48.4万人)を半月足らずでに更新したとのこと。この日、最も混雑した時間帯は午後5時から9時の間で、9.7万人の出入境があったという。

 なお、1月11日は特に大きなイベントのある特異日ではなく、通常の土曜日にあたる。目下、春節(旧正月)を2週間後に控える歳末シーズンとなっており、買い物客らの往来が増える傾向にある。

 マカオは面積約30平方キロ、人口約66万人(海外労働者約18万人含む)の小さな都市だが、昨年の訪マカオ外客数は年間3940万人超に上り、人の出入りが多い。訪マカオ旅客数に占める中国本土旅客の割合はおよそ7割となっている。

關閘イミグレーションでは、審査ブースを最大限オープンして増大する旅客に対応したとのこと(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年12月25日発刊 (1月号 vol.079」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース