マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノIR運営大手サンズチャイナの20年3Q純収入が92.1%減、約588億円の赤字に…コロナ禍で苦戦続くも2Qから赤字幅縮小

カジノ2020/10/22 14:30

 マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は10月22日、今年第3四半期(2020年7〜9月)の業績を発表。

 米国会計基準における同社の 今年第3四半期の純収入は前年同月比92.1%減の1.67億米ドル(日本円換算:約175億円)にとどまった。純利益は5.62億米ドル(約588億円)の赤字。なお、前年同期は4.54億米ドル(約475億円)の黒字だった。調整後プロパティEBITDAについても前年同期の7.55億米ドル(約790億円)の黒字から2.33億米ドル(約244億円)の赤字に。

 ラスベガスサンズ社のシェルドン・アデルソン会長は業績発表にあたり、(サンズチャイナの属する)ラスベガスサンズグループの事業は世界的な新型コロナの流行による影響を依然として受けているが、業績は回復基調にあり、特にアジアがそうだとコメント。マカオについては、3Qの赤字幅は2Qから縮小しており、9月末までに中国全土におけるマカオ渡航許可の申請が再開したことをその理由として挙げた。回復の兆しが見えたことで、大きな励みになっているとした。

 また、10月初旬の国慶節大型連休について、マカオ事業の複数セグメントで実質的な回復が見受けられたという。カジノのプレミアムマス部門における業務量の上昇幅が最も大きかったのが重要で、これこそグループがコアとして投資を進めてきたものであり、今後グループの収益を生み出し、訪マカオ旅客の増に伴いマス部門が業績回復を牽引するとの見込みを示した。

サンズチャイナのIR、手前がザ・プラザ、奥がヴェネチアンマカオ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

サンズチャイナのIR、手前がザ・プラザ、奥がヴェネチアンマカオ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース