マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港、2/21の新型コロナ新規感染確認数20人…9日ぶり20人超に

珠江デルタ2021/02/21 19:06

 人口約750万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いている。

 香港政府の発表によれば、2月21日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数は前日から5人増の20人だった。3日連続で2桁台、9日ぶりに20人超となった。内訳については、市中感染が9人減の19人、輸入性が4人減の1人。市中感染のうち感染経路不明は2人増の6人で、4日連続1桁台を維持した。このほか、翌日以降に感染確認となる可能性が高い陽性予備群(初歩感染確認者)が10人超いるとのこと。

 この日の新規感染確認者のうち4人が香港島のシャウケイワンエリアにある同一の学校関連(学生、学生の家人、ソーシャルワーカー)だった。また、感染経路不明の感染者には赤色ミニバスの運転手(九龍半島のツェンワン、クントン、青山通、ジョーダンを走る路線を担当)1人、大手宝飾品チェーンのヤウマテイとセントラルにある支店のセールス担当者1人などが含まれるという。

 ここまでの香港における累計感染確認数は1万0869人、退院者数は1万0388人、死者数は197人。

香港特別行政区のイメージ(資料)—本紙撮影

 依然として市内各所で集団感染(クラスター)の発生や感染連鎖が続いているが、最近の感染確認者数は増減を繰り返しながらも第4波下では低位にある。感染経路不明も毎日のように一定数が確認されていることから、市中に存在する無症状感染者が日常生活を送る中で感染を拡大させている可能性が指摘されている。香港は人口密度が高く、交通機関も発達しており、エリアを跨ぐ人の移動が多い土地柄。

 なお、これまで香港ではホリデーシーズン後に急増するパターンがあったことから、春節(旧正月)ホリデー明けの動向に注目が集まっている。香港政府衛生防護センターは2月19日夕方の会見の中で、春節ホリデー期間の挨拶回りで感染したとしてもすぐには発症しないことから、潜伏期間を経て今後数日の間に感染確認が増える可能性も排除できず、しばらく様子を見る必要があるとしていた。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース