マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

在マカオ外国人の中国本土訪問ビザ申請受け付け再開へ

珠江デルタ2021/03/12 10:04

 中国外交部駐マカオ特派員公署は3月11日、同月15日から在マカオ外国人のマカオ居民に対する中国(本土)訪問ビザ政策を調整すると発表。

 マカオ居民(マカオ永久性居民IDカード及び非永久性居民IDカード保有者)については、身分証及び直近2ヶ月間マカオを離れていないことを示す居留証明の提示を条件に、各種中国訪問ビザ申請を受け付けるとした。

 また、その他の在マカオ外国人についても、中国製の新型コロナウイルスワクチン接種を完了したことを条件として、「事業及び生産活動の再開に必要な業務への従事する人とその家族」、「家族の再開、支援、親族訪問、葬儀、重病者の訪問を理由に中国を訪れる中国公民またはマカオ永久性居民の家族」がそれぞれ所定の書類を添付することでビザ申請が可能になるとのこと。加えて、有効なAPECビジネストラベルカードを保有し、中国からの招待状がある場合には、短期商用ビザ(Mビザ)を無料で申請できるという。

 いずれも一次ビザで、有効期間は3ヶ月、滞在期間は30日とのこと。

 ここまでのマカオにおける新型コロナの感染確認数は累計48人。内訳は域外からの輸入性が46人、輸入関連性事案が2人。市中感染例は3月11日まで347日連続ゼロを維持しており、封じ込めに成功している状況。院内感染、死亡例についてもゼロ。中国本土における状況も安定していることから、昨年7月中旬以降、両地の往来の段階的緩和が続く。目下、中国本土とマカオの往来については相互で隔離検疫免除となっている。

中国本土とマカオの主要出入口となる關閘イミグレーション(資料)―本紙撮影

中国本土とマカオの主要出入口となる關閘イミグレーション(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年4月24日発刊 (5月号 vol.095」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース