マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

スロット場、立地規制へ―行政会

社会・政治2012/11/22 16:28

マカオの行政会21日、スロット場の立地、スロット機器の納入、運用に関する新ルール等を盛り込んだ法案《博彩機、博彩設備及博彩系統的供應制度及要件》についての討論を終えたと発表。スロット場の立地規制が含まれた。

法案では、スロット場(機械式カジノ)を設置するにあたっての立地条件について、「(1)5つ星以上のホテル内、(2)認可カジノを有するホテルから500メートル以内の非住宅ビル、(3)高密度住宅地区や有名商業ビル以外」と規定。

2012年11月現在、マカオには2社により13のスロット場が営業しているが、上記の立地条件を満たさない場所もあるため、対応が迫られそうだ。

このほか、法案ではスロットマシンメーカー、保守点検、システム等に関する各種新規定も含まれている。

マカオ政府博彩監察協調局の統計によると、スロットマシンの台数は増加の一途で、2012年第3期末で17,029台、2011年のスロット機による収入は114.25億パタカに達した。

なお、この法案は2013年1月1日に施行が予定されており、対象となる企業は法律施行後6か月以内に新ルールへの対応が必要となる。

スロット(機械式)カジノ(写真はイメージ)―本紙撮影

スロット(機械式)カジノ(写真はイメージ)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース