マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ航空で到着の旅客にマカオLRTの3日間乗り放題バス贈呈するキャンペーン展開…旅遊局とLRT運営会社がコラボ

観光2021/08/01 10:13

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月31日、新交通システム「マカオLRT」運営会社とコラボレーションし、8月1日からマカオ航空を利用してマカオに到着した旅客に対し、マカオLRTの3日間乗り放題パス「麥麥(マクマク)軽軌通(LRTパス)」を贈呈するキャンペーンを展開すると発表。

 贈呈の対象となるのは、便名にマカオ航空のコード「NX」が付くマカオ国際空港(MFM)フライトを利用してマカオに到着したインバウンド旅客。マカオ国際空港旅客ターミナルビルの到着エリアにある観光案内所(午前9時〜午後8時)または出発エリアにあるマカオ航空チケットカウンター(午後8時〜午後10時)にて、到着後7日以内の航空券の半券と身分証(2つの記載の氏名が一致すること)を提示して引き換える(1人1枚まで)。予定枚数(1万枚)の上限に達し次第、キャンペーンを終了するとのこと。

 「麥麥軽軌通」は3日間有効で、最初に改札を通った日を1日目とカウントするとのこと。有効期限は3日目の終電まで。有効期限終了後もIC乗車券としての機能は残り、現金をチャージをすることで同じカードを継続利用できるという。

 参考までに、マカオLRTの運賃は距離制で、一次利用の普通乗車券(トークン)を利用した場合が6〜10マカオパタカ(約82〜137円)、IC乗車券を利用した場合は半額となる。1日乗車券のような券種は存在しない。

マカオLRTが3日間乗り放題となる「麥麥軽軌通」のイメージ(写真:MGTO)

 マカオLRTは2019年12月10日にタイパ線(タイパフェリーターミナル駅と海洋駅の間の9.3キロ、11駅の区間)が開業。沿線には香港や広東省主要都市との間を結ぶ高速船が発着するタイパフェリーターミナル、マカオ国際空港、広東省珠海市の横琴新区との陸路のボーダーにあたるコタイ・イミグレーションといった陸海空の玄関口のほか、大型カジノIR(統合型リゾート)が密集するコタイ地区、著名観光地のタイパヴィレッジ、高層マンションが建ち並ぶ新興住宅街が存在する。しかしながら、開業時に予想もしなかったコロナ禍により利用者数は低迷し、事前見通しを大きく下回る状況が続いている。

 目下、マカオでは新型コロナ防疫対策の一環として、厳格な水際措置が講じられている。隔離検疫なしで往来が可能なのは中国本土のみ(一部の中高リスク地域除く)となっており、今回のキャンペーンを日本を含む外国からのインバウンド旅客が利用することは事実上困難だ。コロナの影響が長期化する中だが、外国との間で往来制限が緩和された後にも同様のキャンペーンが展開されることを期待したい。

マカオLRTタイパ線のイメージ(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース