マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、単日インバウンド旅客数が2万人台回復

産業・経済2021/08/26 16:27

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は8月26日、同月25日のインバウンド旅客数が2万1000人を記録したと発表。8月初旬の新型コロナ防疫措置引き締め以降、初めて2万人台を回復した。

 マカオでは、8月3日に約490日ぶりに市中で新型コロナの感染確認例が出現。感染力の強いデルタ株だったことから、水際措置及び域内における防疫措置の強化、全市民対象のPCR検査実施などの対策が講じられた。全市民対象のPCR検査結果は全員陰性で、市中における伝播がなかったことがわかり、潜伏期間にあたる14日間を経過した現在まで新たな感染確認例も出現していない。

 目下、再び状況が落ち着いたことを受けて、各種防疫措置の緩和が進んでいる状況。水際措置については、8月23日から中国本土からマカオへの隔離検疫免除での入境条件のひとつとなるPCR検査陰性証明の有効期間が従前レベルの「7日以内」に戻っており、MGTOが各種チャンネルを通じた中国本土旅客に向けプロモーションを再開していた。

マカオ随一の観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡前の様子(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース