マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2022年3Qの小売業販売額は対前年30.3%減

産業・経済2022/11/25 08:54

 マカオ政府統計調査局は11月24日、今年第3四半期(2022年7〜9月)の小売業販売額調査結果を公表。

 今年第3四半期の小売業販売総額は前年同期から30.3%減の111.3億パタカ(日本円換算:約1921億円)、価格要素を除いた販売量指数についても32.0%下落。大幅減となった要因については、ゼロコロナ政策を堅持する中、6月中旬から8月初旬にかけてマカオ市中で6・18アウトブレイクと呼ばれる新型コロナ・オミクロンBA.5の大規模流行が発生し、準ロックダウンを含む極めて厳格な防疫措置が講じられたことによる。

 前年同時期の小売業販売額の比較では、主要小売業中の百貨(-53.6%)と革製品(-43.8%)が顕著な減だった一方、自動車(+8.4%)とスーパーマーケット(+5.1%)は増に。販売量指数については、百貨(-53.8%)、成人ファッション(-40.6%)、革製品(-40.2%)の下落幅が大きく、自動車(+5.7%)とスーパーマーケット(+2.0%)は上昇。今年第1〜3四半期の小売販売額は前年同時期から22.8%減の428.3億パタカ(約7391億円)、販売量指数は22.2%下落。

 第3四半期の小売販売額は同年第2四半期(修正後数値)から15.2%減。このうち、通信設備(-40.3%)、革製品(-31.3%)、百貨(-24.7%)が顕著な減となったが、自動車(+21.0%)とスーパーマーケット(6.2%)については増。販売量指数は17.5%下落で、同じく通信設備(-39.5%)、革製品(-30.8%)、百貨(-24.7%)が下落。

 第4四半期の販売量見通しについては、調査対象となった小売店の52.7%が前年同期から減少、37.7%が横ばい、9.6%が増加見込みと回答。また、商品の販売価格については68.8%が維持、19.8%が下落、11.4%が上昇見込みとした。このほか、第3四半期と比較した第4四半期の経営状況については、49.9%が悪化、35.7%が安定継続、14.4%が理想的との見通しを示した。

マカオの著名観光スポットのひとつ、世界遺産・セナド広場周辺の様子(資料)=2022年7月27日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年11月25日発刊 (12月号 vol.114」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース