マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、1月のカジノ売上が1千億円程度まで急回復か…投資銀行予測

カジノ2023/01/04 10:16

 マカオでは、新型コロナの影響を受けて、カジノ売上の低迷が長期化している。

 しかしながら、昨年12月初旬に中国本土が事実上のウィズコロナ政策に転換し、マカオも追随したことから、大きく状況が変わる可能性が出てきた。

 政策転換以降は感染者の急増もあり、これまでのところカジノ売上に目立った変化はないが、すでに水際措置は大幅に緩和されており、海外からの入境者に対する隔離検疫も撤廃されており、状況の消化が進むとともに、インバウンド旅客が戻り、カジノ売上も回復するものとみられる。

 複数の大手投資銀行が1月初頭に発出したレポートの中で、マカオの1月のカジノ売上予測に言及。いずれも前月実績の34.82億パタカ(日本円換算:約565億円)から大幅増の約40〜62億パタカ(約649〜1006億円)になるとの見通しを示した。インバウンド旅客の戻りがどの程度とするかにより予測に幅が生じたかたち。

 今年は1月下旬に書き入れ時となる春節(旧正月)ホリデーを迎える。その頃までに中国本土及びマカオの流行状況が落ち着くか、また香港との間の交通機関の回復状況もインバウンド旅客数及びカジノ売上の伸びに絡んできそうだ。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース