マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港とマカオ結ぶ海上橋、開通時期4年以上遅延見通し=早くて2020年、予想超える難工事理由

珠江デルタ2015/03/10 16:40

香港と広東省珠海市、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」の建設工事が進められている。これまで、開通予定時期は2016年とされてきたが、海底トンネル部の難工事などを理由に4年以上の大幅な遅延が見込まれていることがわかった。

マカオの月刊英字経済誌「マカオビジネス」が3月10日付電子版で香港紙の報道を引用して伝えた内容によると、中国の国会にあたる人民代表大会出席のため北京を訪問中の広東省発展改革委員会の李春洪主任が3月9日、港珠澳大橋の開業時期について、2020年でさえ難しいと言わざるを得ないとの見方を示したとのこと。海底トンネル部分の工事が予想以上の困難に直面していることが最大の理由という。また、工事遅延に伴い、コストについても当初予算の1329億香港ドル(日本円換算:約2.1兆円)を上回るだろうとした。

港珠澳大橋は香港と珠海、マカオの間のY字型のルートおよそ50キロメートルを海上橋と海底トンネルで結ぶ大型インフラ整備プロジェクト。もともと1980年代に夢の架け橋として構想されたもので、21世紀に入って以降、広東省、香港、マカオの珠江デルタ一体化のシンボルとして実現機運が高まり、2009年に着工した。自動車専用道路で、鉄道用の設備はない。現在、香港とマカオの間を移動する際、高速フェリーで約1時間かかるが、大橋の開通後は車で約30分程度となり、大幅な所要時間短縮効果が見込まれている。

港珠澳大橋(資料)=2015年1月、香港国際空港付近の海上より本紙撮影

港珠澳大橋(資料)=2015年1月、香港国際空港付近の海上より本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース