マカオ国際空港の閉塞管理エリアが運用開始へ…新型コロナ防疫措置の一環でバブル方式採用

(2022/01/28 13:29 配信)

社会・政治

 マカオの主要な空の玄関口となるマカオ国際空港(タイパ島北安地区)では、新型コロナ防疫措置の一環として閉塞管理(いわゆるバブル方式)の実施が予定されている。

 空港運営会社にあたるCAMが1月27日に発表した内容によれば、ビジネスジェットの修理場を改装した閉塞施設の準備が整い、1月29日午前0時から運用を開始するとのこと。同時収容キャパシティは26人。

 閉塞管理の実施対象は、海外(中国本土、香港、台湾以外)から到着したフライト及び政府衛生局が高リスクと認定したフライトに関係する人とされており、高リスクフライトの乗客またはクルーと2メートル以内で接触する人、高リスクフライトの未消毒貨物及び設備と直接接触する人を含み、集中閉塞管理勤務体制が敷かれる。

マカオ国際空港内に設けられる閉塞管理施設(写真:CAM)

 具体的には、空港内の閉塞管理施設に滞在して14日間勤務の後、隔離検疫用ホテルで7日間及び自宅で7日間の隔離検疫を要する。閉塞管理施設滞在中は、バブル外の人と設備や移動手段を混用できず、勤務時間外のエプロンエリアへの侵入も禁止されるという。

 なお、マカオでは1月27日まで110日連続市中感染確認例ゼロを維持している。

マカオ国際空港内に設けられる閉塞管理施設(写真:CAM)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載