東南アジアの新興カジノ国が中国人ギャンブラーを吸引、マカオは試練の時期

中国の反汚職キャンペーンの影響を受け、アジア各地のカジノ売上が下落しているという。マカオでは今年(2015年)上半期に前年同期比37%減となったほか、ゲンティンハイランド(マレーシア)やシンガポールにも影響が及んでいるという。

一方、新興カジノ国となるフィリピン市場については、上半期のカジノ売上が同16%増の14億米ドルに達し、フィリピンカジノ運営公社PAGCORでは、通年で2割増となる30億米ドルを見込んでいるとのこと。

マカオの日刊紙「澳門日報」がブルームバーグの報道を引用して報じた。フィリピンのカジノ市場は中国人ギャンブラーを主要ターゲットとしており、マカオの仲介業者も進出しているという。また、シンガポールでは、中国人VIPギャンブラーを対象にした中国本土とシンガポールを結ぶ無料フライトを毎週運航し、エンターテイメントショー、医療サービス、子女の留学手配などを組み合わせたパッケージまで用意して集客をしているとのこと。

シンガポールのカジノ税は20%以下であり、フィリピンでは中国人旅客に対するビザ免除措置を実施している点など、マカオと比較して有利な政策であることから、マカオにとって顧客流出の脅威に晒されているといえる。なお、マカオのカジノ税は約40%、中国本土からマカオへ渡航するためにはビザに相当する入境許可証の取得が必要となり、渡航回数や滞在時間にも制限が多い。

マカオにとって試練の時期を迎えているといえるが、マカオ政府はカジノ一辺倒から脱却する好機と捉え、カジノIR施設運営企業の間でも、ノンゲーミング分野の魅力拡充に取り組む姿勢が鮮明となっている。

マカオの大型カジノIR(統合型リゾート)施設集積エリア、コタイ地区の夜景(資料)=2015年3月(写真:GCS)

マカオの大型カジノIR(統合型リゾート)施設集積エリア、コタイ地区の夜景(資料)=2015年3月(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun