中国の生活雑貨チェーン「メイソウ」がパクリ疑惑を否定=マカオ紙とのインタビューで

「どことなく日本の雑貨・ファッション量販店のロゴやインテリアと似ている?」としてネット上を中心に話題となった中国の生活雑貨チェーン「メイソウ(名創優品)」だが、今年(2015年)4月にマカオへ進出して以来、すでに3店舗を展開、今月(8月)中には4店舗目を出店する計画という。

実は、香港やマカオにも「元祖」とされる日本の量販店(本紙註:ユニクロ、ダイソー、無印良品)が進出していることから、日本と同様にメイソウのパクリ疑惑がネット上で大きな話題となっているのだ。

そんな中、マカオの日刊紙「澳門日報」が8月4日付紙面でメイソウ運営会社にあたる名創生活百貨有限公司のマーケティング・ダイレクター陳可君氏へのインタビュー取材記事を掲載し、疑惑について切り込んでいる。

同紙の「ネット上で日本の3つの量販店の混合版、パクリではないかと指摘されている」との質問に対し、陳氏は「商標及びインテリアデザインの相似が盗用だとする意見には同意できない」とした上、「ショップにとっても最も重要なことは整然と商品が並び、顧客が買い物しやすいことである」と回答。「大企業や大きな売場のデザインは参考に値する。相互学習することは間違いではない」と付け加え、パクリの認識はないとしつつも、参考にした可能性については否定しなかった。

陳氏によると、マカオの店舗はいずれも人通りの多いエリアを選んで出店しており、顧客の6〜7割がマカオ在住者で、平均客単価は60パタカ(日本円換算:約932円)前後とのこと。価格帯は商品により異なるが、およそ15〜100パタカ(約233〜1553円)、商品の主な生産地は中国本土、タイ、台湾等という。なお、マカオの今後の出店計画については7〜8店舗体制とする計画があるとした。

マカオのダウンタウンにあるメイソウの店舗(資料)—本紙撮影

マカオのダウンタウンにあるメイソウの店舗(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun