第62回マカオGP、全日本F3選手権トップの山下健太ら日本人ドライバー多数エントリー

長い歴史を持つモーターレースの祭典として高い知名度と人気を誇るマカオグランプリ。今年(2015年)の「サンシティグループ第62回マカオグランプリ」は11月19日から22日の4日間、マカオ市街地の公道を使用した「ギア・サーキット」を舞台に開催を予定している。

大会組織委員会は10月7日に記者会見を開き、今大会の見どころなどを紹介。前回が最後のマカオ開催となった「世界ツーリングカー選手権(WTCC)」に代わる新レースとしてFIA-GT3規定車両による「GTワールドカップ」を世界初開催することが決まった。

今大会には31の国と地域から228人のドライバーが参戦を予定しているとのこと。多くの日本人選手がエントリーしていることも明らかとなった。

10月7日時点のリストでは、看板レースとなる「F3マカオグランプリ」に2015全日本F3選手権(第15戦終了時点)でトップに立つ山下健太(所属チーム:TOM’S)、3位の高星明誠(B-Max Racing)、11位の関口雄飛(B-Max Racing)の3人、注目の世界初開催レース「GTワールドカップ」に澤圭太(Bentley Team Absolute)、「マカオロードスポーツチャレンジ」には木下みつひろのエントリーが確認できた。

また、F3マカオグランプリには山下選手のチームメートであり、2015全日本F3選手権で同ポイントでトップのニック・キャシディ選手も参戦予定。

F3マカオグランプリは若手ドライバーのF1への登竜門として知られる存在。今年F1に参戦しているドライバー20人のうち、実に13人がマカオを経てF1にステップアップした。アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、デビッド・クルサードらF1優勝経験者も複数輩出している。2001年に日本人初優勝を飾った佐藤琢磨も翌年からF1に参戦した。

なお、第62回マカオグランプリの開催にかかる予算は前年並みの約2億パタカ(日本円換算:約30億円)、スポンサー料やチケット販売などによる売上は前年比3.48%増の5300万パタカ(約8億円)を見込んでいるとのこと。

山下健太選手。昨年(2014年)マカオF3グランプリでは日本人最高の9位だった=ギア・サーキット、2014年11月16日—本紙撮影

山下健太選手。昨年(2014年)マカオF3グランプリでは日本人最高の9位だった=ギア・サーキット、2014年11月16日—本紙撮影


10月7日に開催されたマカオグランプリ委員会による記者会見—本紙撮影

10月7日に開催されたマカオグランプリ委員会による記者会見—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun