マカオの官営無料Wi-Fi、24時間サービス開始=ホットスポット183ヶ所に

マカオ政府電信管理局は12月14日、政府の出資により整備された無料Wi-Fi接続サービス「Wi-Fi GO」について、12月15日からホットスポットを21ヵ所増やし、計183ヵ所とすることやサービス提供時間を24時間化することなどを明らかにした。

183ヵ所は一見して少ないように思えるが、マカオの面積は約30平方キロ、東京の山手線の内側のちょうど半分に相当するコンパクトな街であることから、密度は高いといえる。マカオの人口は約60万人、訪マカオ外客数は年間3千万人以上というアジアを代表する観光都市として知られる。

「Wi-Fi GO」は、市内の世界遺産、観光名所、公園、政府施設周辺を中心にホットスポットを設置し、市民及び観光客が無料でWi-Fi接続を利用できるサービス。速度は下り3Mbps、上り512Kbps(いずれも最大値)で、暗号化接続にも対応する。同局によると、サービス開始後5年目を迎え、今年10月までにのべ2370万回超の接続があったという。

同サービスはユーザーが集中する都心部の世界遺産周辺などでは、接続しにくい状況などもしばしば見受けられたが、同局では今年10月、システム更新により安定性及び速度の向上を図ったとのこと。

マカオでは、「Wi-Fi GO」のほか、カジノ付き大型IR(統合型リゾート)が、独自に無料Wi-Fi接続サービスを展開している。IR運営会社の広報担当者によると、無料Wi-Fiの有無が顧客の動向にも影響を及ぼすとの認識で、各リゾートが顧客獲得のためサービスの拡充に力を注いでいるという。昨今、カジノリゾートが運行する送迎シャトルバスやマカオと香港の間を結ぶ高速船にも無料Wi-Fi接続サービスが普及しているほか、今年10月末から一部路線バスでも導入がスタートした。

マカオの無料Wi-Fi接続「Wi-Fi GO」ホットスポット周辺に貼られているステッカー(イメージ)—本紙撮影

マカオの無料Wi-Fi接続「Wi-Fi GO」ホットスポット周辺に貼られているステッカー(イメージ)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  2.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  3.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…
  5.  マカオ保安司司長弁公室は5月28日に会見を開き、今年第1四半期(2024年1〜3月)の犯罪統計及…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun