マカオ返還記念日、中国復帰16周年=過度なカジノ依存からの脱却目指す

きょう(12月20日)、1999年12月20日にマカオがポルトガルから中国に返還され、一国二制度の下、マカオ特別行政区が発足してから16周年の記念日を迎えた。

マカオ特別行政区政府は同日午前、金蓮花広場で国旗・区旗掲揚式、マカオタワーでレセプションを開催。午後にはタイパ島のオリンピック・スポーツセンター・スタジアムで音楽コンサート、夜にはマカオタワー前の会場で花火大会といった祝賀イベントの数々が予定されている。

マカオ特別行政区のフェルナンド・チュイ(崔世安)行政長官はレセプションでスピーチを行った際、目下マカオ経済は調整期にあるが、全体的な経済パフォーマンスは依然として健康的であり、着実な公共財政、低い失業率、経済の新活力の萌芽が見受けられるなど、大局的にみて安定を維持していると述べた。また、マカオの次の一年について、チャンスとチャレンジが併存するとし、過度なカジノ依存からの脱却を図るべく、経済の適度な多元化を推進していく意向をあらためて示した。

マカオ経済は返還以降、長きに渡って右肩上がりの成長を続けてきた。しかし、昨年(2014年)はカジノ業の不振を受け、返還後初めてとなるマイナス成長を記録。マカオのカジノ売上は今年に入って以降も前年割れが続いており、今年も2年連続のマイナス成長となる見通しで、試練の時期を迎えている。

マカオ返還16周年記念日の午前に開催された国旗・区旗掲揚式=12月20日、金蓮花広場(写真:GCS)

マカオ返還16周年記念日の午前に開催された国旗・区旗掲揚式=12月20日、金蓮花広場(写真:GCS)


マカオ返還16周年記念レセプションでスピーチを行うマカオ特別行政区のフェルナンド・チュイ(崔世安)行政長官=12月20日、マカオタワー(写真:GCS)

マカオ返還16周年記念レセプションでスピーチを行うマカオ特別行政区のフェルナンド・チュイ(崔世安)行政長官=12月20日、マカオタワー(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun