マカオのカジノで隣席客狙った「チップ盗」相次ぐ=両面テープ使う手口も

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル(日本円換算:約150万円)といった高額チップも存在する。

ゲーミングチップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばゲーミングチップを狙った犯罪が発生している。

マカオ司法警察局は1月5日の定例記者会見で、近日ゲーミングチップ窃盗事件が2件相次ぎ発生し、それぞれ中国本土出身の38歳と20歳台の男を逮捕したことを発表した。

1月4日午後2時頃、マカオ・新口岸地区にあるカジノ施設内のゲーミングテーブルで、客が40万香港ドル(約600万円)分のチップをベットしたところ、隣席にいた男が100香港ドル(約1500円)のチップをベットするふりをして視界を遮り、額面10万香港ドルのチップ1枚を手のひらに貼った両面テープに接着させる手口で盗み、後方に控えていた仲間とみられる男に渡そうとしたという。これに客が気付き、大声で上げたところ、男らは一目散に逃げ出したが、間もなく警備員がチップを手にしていた男を制止し、チップを回収。その後、カジノから通報を受けて現場に到着した司法警察局に引き渡された。なお、仲間と見られる男は逃走中で、同局が行方を追っている。

もうひとつの事件は、別のカジノ施設で1月2日午前2時頃に発生。客がカジノテーブル上の自分の手元に11万香港ドル(約165万円)分のチップを置いていたところ、隣席の男がベットするふりをしてチップに覆いかぶさってきた際、チップを盗まれたことに気付いたという。客が大声を上げたところ、隣席の男と周囲にいた仲間とみられる男らが一斉に逃げ出したが、チップを手にしていた男は出口付近で警備員に捕まった。その後の経緯は1月4日の事件と同様。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun