澳氹第4ルート、海底トンネル方式に

現在、3本の橋で結ばれているマカオ半島とタイパ島の跨海ルートに、4番目の新ルート「澳氹第四條跨海通道(澳氹第四通道)」を建設する計画について、マカオ政府建設発展オフィスの専門家委員会が27日、海底トンネル案の採用を正式決定した。

マカオでは将来に向けた都市計画が進められており、マカオ半島東部及び南部、タイパ島北部に新たな5ゾーン、6つの埋め立て人工島による臨海新都心の建設を予定している。今回、マカオ半島とタイパ島を結ぶ「澳氹第4ルート」はこのうち最も東寄りとなるマカオ半島東部沖の人工島「A区」とタイパ島北東部沖の「E区」を結ぶルート。2016年に開通予定の港珠澳大橋のマカオ側イミグレーションから市街地を経由せずにタイパフェリーターミナル、マカオ国際空港、コタイ地区へと通じる外環状ルートの一部を成す。

また、専門家委員会では、マカオ半島東部沖「A区」と同南部沖の「B区」を結ぶ、通称「ABトンネル(AB隧道)」についても海底トンネル案を採用する方針。

澳氹第4ルートについて、これまで橋梁案、トンネル案が検討されてきた。しかし、橋梁案ではマカオ国際空港への離発着への影響や悪天候時に通行ができない点などを考慮してとして、海底トンネル案の採用が決まった。今後、詳細を詰めた上、国家承認のステップへ向かうという。

委員会の発表資料によると、澳氹第4ルートの海底トンネルは6車線(片道3車線)で、制限速度時速80キロを想定。上下2層となり、上層部を自動車、下層部には鉄道敷設用スペースが設けられる。

澳氹第4ルート海底トンネル断面イメージ (c) GDI 建設發展辦公室

澳氹第4ルート海底トンネル断面イメージ (c) GDI 建設發展辦公室

澳氹第4ルート位置 (c) GDI 建設發展辦公室

澳氹第4ルート位置 (c) GDI 建設發展辦公室

12月27日に開催された「澳氹第四通道及AB隧道工程可行性研究通過專家評審」 (c) GDI 建設發展辦公室

12月27日に開催された「澳氹第四通道及AB隧道工程可行性研究通過專家評審」 (c) GDI 建設發展辦公室

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は2月22日、澳門海關(マカオ税関)と合同で同月21日未明に密航事案1件を摘発し…
  2.  マカオ司法警察局は2月22日、統合型リゾート(IR)が集積するコタイ地区のホテル及び周辺一帯で2…
  3.  マカオ警察総局は2月22日、旧正月の春節前後にあたる1月22日から2月18日にかけて同局の指揮及…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月22日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期の旅客消費調査…
  5.  マカオ治安警察局は2月21日、コタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室で中国人(中…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2023年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年2月号
(vol.128)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun