マカオ、パンダの双子が誕生1週間迎える=体重増え順調に成長

先月(6月)26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい(オス:カイカイ=7歳、メス:シンシン=8歳)に双子の赤ちゃん(性別未発表)が誕生してから満1週間が経過した。

同館を管轄するマカオ政府民政総署(IACM)は7月3日にプレスリリースを発出し、双子のパンダの最新状況を明らかにした。

双子のうち、体重135グラムで生まれた幼名「大寶」は7月2日時点で167.2グラムに、53.8グラムだった「小寶」は77.9グラムに成長しているとのこと。なお、これまで性別は発表されていなかったが、「兄弟」という表現があったことから、ともにオスではないかとみられる。

ジャイアントパンダの双子。左が「大寶」、右が「小寶」(写真:IACM)

ジャイアントパンダの双子。左が「大寶」、右が「小寶」(写真:IACM)

(>>その他の写真は「マカオ新聞」公式フェイスブックの記事参照)

標準体重で生まれた「大寶」は体格がよく、力強いとのこと。パンダらしい黒い模様もわかるようになってきたという。母親のシンシンが直接授乳しており、一度に飲むミルクの量は10グラムとのこと。一方、標準よりも小さい体で生まれた「小寶」についても、体毛が増えてきたといい、シンシンから採取したミルクを一度に3グラムずつ哺乳瓶で飲んでいるという。

マカオジャイアントパンダパビリオンは現在休館中だが、今月(7月)12日に再開する予定。当初はカイカイのみの展示になり、母子揃っての一般公開時期は半年後が目安になる見通し。

ジャイアントパンダの双子の兄にあたる「大寶」(写真:IACM)

ジャイアントパンダの双子の兄にあたる「大寶」(写真:IACM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ半島北部に位置する公設市場で、建物外観の色から「紅街市(レッドマーケット)」の通称で知られ…
  2.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  3.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  4.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun