日本のカジノ解禁がマカオに与える影響に言及するのは時期尚早…実施法の内容次第=モルガンスタンレー

昨年(2016年)末、日本において統合型リゾート施設(IR)整備推進法が施行となった。カジノ売上世界一を誇るマカオでも、日本のカジノ解禁に関するニュースは大きな注目を集めている。

1月10日午後、アジア最大級のカジノ見本市、「G2Eアジア2017」(5月開催)の概要発表記者会見が行われ、ゲストの大手投資銀行モルガンスタンレーのアジアゲーミングリサーチ主管、プラビーン・チャウドハリー氏が今年の日本のカジノ解禁をテーマにスピーチを行った。

同氏によれば、日本でIR推進法が施行されたばかりの段階で、実施法が国会を通過するのに今後6〜12ヶ月程度の時間を要し、例えばターゲットを日本人とするのか、海外から日本を訪れる旅客とするのかなど、その時点になってより多くの情報が得られることから、現時点で日本におけるカジノ解禁がマカオに与える影響に言及するのは時期尚早であるとのこと。

その上で、将来的なマカオのカジノ市場の動向に予測するにあたって、日本におけるカジノ解禁だけではなく、中国本土の市場開放の方向性など複合要素を見極める必要があるとした。ちなみに、2010年にシンガポールでカジノ解禁が実現した際、総投資額は60億米ドル(日本円換算:6965億円)に達したが、マカオへの影響は大きくなかったという。

なお、日本に最初のカジノ施設がオープンする時期については、3〜5年後との見通しとのこと。

「G2Eアジア2017」開催概要発表記者会見でスピーチを行うプラビーン・チャウドハリー氏=2017年1月10日、バンヤンツリーマカオ(写真:G2E Asia)

「G2Eアジア2017」開催概要発表記者会見でスピーチを行うプラビーン・チャウドハリー氏=2017年1月10日、バンヤンツリーマカオ(写真:G2E Asia)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は2月22日、澳門海關(マカオ税関)と合同で同月21日未明に密航事案1件を摘発し…
  2.  マカオ司法警察局は2月22日、統合型リゾート(IR)が集積するコタイ地区のホテル及び周辺一帯で2…
  3.  マカオ警察総局は2月22日、旧正月の春節前後にあたる1月22日から2月18日にかけて同局の指揮及…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月22日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期の旅客消費調査…
  5.  マカオ治安警察局は2月21日、コタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室で中国人(中…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2023年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年2月号
(vol.128)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun