第64回マカオGP、F3に山下健太ら日本人ドライバー7人エントリー…シューマッハとピケの息子も

長い歴史を持つモーターレースの祭典として高い知名度と人気を誇るマカオグランプリ。今年(2017年)の「サンシティグループ第64回マカオグランプリ」は11月16日から19日までの4日間、マカオ市街地の公道を使用した「ギア・サーキット」を舞台に、F3マカオグランプリ、GTワールドカップ、モーターサイクルグランプリなど6種のレース開催を予定している。

大会組織委員会は10月24日午後に記者会見を開き、今大会の見どころと各レースの最新のエントリーリストなどを紹介。看板レースとなる「サンシティグループ フォーミュラ3(F3)マカオグランプリ」については、前回大会で国際自動車連盟(FIA)主導のワールドカップへ格上げされ、今大会も2年連続でワールドカップとしての開催。また、「SJMマカオGTカップ」についても、「FIA GTワールドカップ」として3年連続で開催される。さらに、「サンシティグループマカオギアレース」が「WTCC世界ツーリングカー選手権」の1レースとなり、3大会ぶりに復帰する。2つのワールドカップとWTCC世界ツーリングカー選手権というビッグレースが同時開催されるイベントはマカオグランプリが世界唯一となる。

今大会には世界各地からおよそ200人のドライバーが参戦を予定しているとのこと。多くの日本人選手がエントリーしていることも明らかとなった。

10月24日時点の暫定リストでは、「F3マカオグランプリ」に2017全日本F3選手権2位の坪井翔(所属チーム:TOM’S)、同4位の宮田莉朋(TOM’S)、FIAヨーロピアンF3選手権15位の牧野任祐(Motopark with VEB)、同19位の佐藤万璃音(Motopark with VEB)、2017全日本スーパーフォーミュラ選手権暫定11位で2016年全日本F3選手権チャンピオンの山下健太(B-Max Racing Team)、2017全日本スーパーフォーミュラ選手権暫定4位の関口雄飛(B-Max Racing Team)、2017全日本F3選手権NクラスチャンピオンのDRAGONこと組田龍司(B-Max Racing Team)の7人、「GTワールドカップ」に吉本大樹(HubAuto Racing)、「WTCC世界ツーリングカー選手権に道上龍(Honda Racing Team JAS)、「マカオツーリングカーカップ」には木下みつひろ(GTO Racing Team)の各1人ずつの計10人のエントリーが確認できた。

F3マカオグランプリは若手ドライバーのF1への登竜門として知られる存在。優勝経験を持つアイルトン・セナやミハエル・シューマッハがF1ワールドチャンピオンに輝いた。2001年に日本人初優勝を飾った佐藤琢磨も翌年からF1に参戦した。今大会のF3マカオグランプリには、ミハエル・シューマッハの息子、ミック・シューマッハ(SJM Theodore Racing by Prema)と2003〜2004年に参戦し、その後F1で活躍したネルソン・ピケの息子、ペドロ・ピケ(Van Amersfoort Racing)もエントリーしている。

マカオグランプリ組織委員会による記者会見の様子=2017年10月24日、マカオ科学館(写真:GCS)

マカオグランプリ組織委員会による記者会見の様子=2017年10月24日、マカオ科学館(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun