マカオのカジノディーラー親子逮捕、勤務先から約1300万円分のチップ詐取

マカオ司法警察局は11月6日、勤務先のカジノ施設から複数回にわたってゲーミングチップを持ち出したとして、マカオ人のカジノディーラー職の男(31)及びその母親(58)を業務上横領の疑いで逮捕したと発表した。

警察発表によれば、先月(10月)31日午後6時頃、コタイ地区のカジノ施設からディーラーが勤務中に金銭を詐取している疑いがあるとの通報を受け、捜査員を現場に派遣。捜査員が監視カメラ映像などを確認したところ、ディーラーが2つの方法でカジノから金銭を詐取している様子が映っていたとのこと。

1つ目が、勝ちが1万香港ドル(日本円換算:約15万円)以下の場合、カジノ施設側がチップの数をチェックできない仕組みを利用し、被疑者がギャンブラーを装ってテーブルに付いた母親に対して毎回1000〜2000香港ドル(約1万5000〜3万円)分のチップを上乗せして払い出す方法。2つ目が、母親が額面1000香港ドル分のチップ10枚を額面1万香港ドル分のチップ1枚に両替する際、1万香港ドルチップを2枚渡す方法だったという。

捜査員が監視を続けたところ、翌日午前2時に再び親子が同様の方法を行ったため、捜査員が現場に急行し、2人の身柄を拘束。この際、2人はカジノ施設から詐取したものとみられる5万香港ドル(約75万円)を所持していたという。

カジノ施設の計算では、2人は合計51回にわたって詐取行為によって、13万香港ドル(約190万円)の損失が発生したとのこと。親子は警察の調べに対し、今年(2017年)6月から犯行をスタートし、これまでに90万香港ドル(約1313万円)を得たこと、動機についてはギャンブル依存の状態にあり、賭博や生活費に使ったと供述しているという。また、犯行計画を企てたのは息子とのことで、ディーラー歴はおよそ1年間。警察では、男を業務上横領の罪で送検する方針。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル以上の高額チップも存在する。

ゲーミングチップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばゲーミングチップを狙った犯罪が発生している。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ保安庁は2月29日に会見を開き、昨年(2023年)の犯罪統計及び法執行状況に関する総括レビ…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は2月28日、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院(通称:山頂醫院)からクロイ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ政府とカジノ運営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(…
  5.  マカオ金融管理局は2月23日、昨年(2023年)のマカオ特別行政区の財政準備運用状況を公表。 …

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…

注目記事

  1.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun