イエロータクシーの営業免許1年延長

マカオで黄色い車体の無線タクシーを運営する宏益電召有限公司(以下、宏益)が持つ100台にタクシーに対する営業ライセンスが2月6日に失効した。しかし、マカオ政府交通事務局は同日、1年間の営業ライセンス暫定延長を決定した。

宏益の運営する黄色い車体から「黄的(黄色いタクシー)」と呼ばれ、現在100台が営業している。社名に「電召」とあるように、もともと無線呼出し専用タクシーとして出発したが、タクシー需要の高まりを受け、いわゆる流しによる営業も認められている。

宏益は2013年2月6日まで有効な営業ライセンスを持ち、期間満了半年前から政府側と延長を協議してきた。しかし、政府サイドが宏益に期待する障がい者向けサービスや旧市街地に特設乗り場を設置するなどの求めに対し意見の食い違いが発生。宏益側が法廷で争う姿勢を見せたが、裁判所が訴えを棄却する決定をしていた。

今回、政府交通事務局が暫定ライセンス延長を決定した背景には、昨今のタクシー台数不足の中、100台のライセンス消滅による市民、観光客への影響を考慮したものという。暫定延長の条件としてサービス向上を求めており、改善が見られない場合は再度のライセンス延長はないとしているものの、再延長にも含みを持たせたかたち。

現在、マカオでは宏益の運営する黄色いタクシー100台のほか、黒とツートンカラーのタクシー(いわゆる個人タクシー)が880台あり、合計980台のタクシーが営業している。

なお、当局ではタクシー台数の増、新規参入などについても引き続き検討を行っていくという。

宏益電召有限公司が運営する黄色い車体の無線タクシー(資料)―本紙撮影

宏益電召有限公司が運営する黄色い車体の無線タクシー(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府金融管理局は3月5日、今年(2024年)1月の貨幣・金融統計を公表。内容のサマリーは下…
  2.  マカオ治安警察局は3月4日、マカオの路上で拾ったスマホを届け出せずに着服したとしてマカオで就労す…
  3.  このほどマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ウィンパレス(Wynn Palace/永利…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は3月4日夜、マカオで百日咳の感染者が1人確認されたと発表した。百日咳…
  5.  マカオ司法警察局は3月3日午前、治安環境浄化を目的とした同局組織犯罪調査部門の刑事ら防犯パトロー…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun