マカオ、国際緊急医療援助隊創設へ…WHOに認証申請

マカオ政府衛生局は4月8日、国際緊急医療援助隊を創設し、1年半のトレーニング期間を経てWHO(世界保健機関)に認証申請を行うと発表した。

申請名義は「中国マカオ」とし、海外で突発的な災害が発生した際、中国衛生当局を通してWHOからの派遣要請に応じる。

隊員は消防局員を含む20人程度を予定。危険を伴う任務であることから、当初は公立医療機関及び消防局の人員から参加者を募るが、将来的にはボランティアの公募も想定しているとのこと。

WHOにおける国際緊急医療援助隊の認証には3段階あり、マカオは入院や手術を伴わない問診サービスサポートを提供する「第1級」での申請を予定しているという。

マカオ政府衛生局の李展潤局長は、今回の国際緊急医療援助隊創設構想について、国際貢献はもちろんのこと、トレーニングやWHOによる認証獲得を通じ、ロジスティックや資材供給能力を含むマカオ自体の危機対応力向上につながるとした。

マカオは昨年8月に大型の台風13号(国際名:ハト)が襲来し、人的、物的にも甚大な被害を受けた。これを受け、ハード、ソフト両面での危機管理対策が進められている。

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  2.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  3.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  4.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…
  5.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun