マカオ製スロット機、市場占有率5%

ゲーミング産業の規模拡大とともにスロット機の台数も増え続け、地元企業による研究開発への参入も進む。業界関係者によると、マカオ製のスロット機による市場占有率は5%に達するという。

12日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。LTゲーム(樂透遊戲有限公司)主席で澳門娛樂設備廠商會会長の陳捷氏によると、カジノライセンスの対外開放時期の前後はスロット機も海外からの輸入が中心だったという。ここ十年、地元の娯楽設備生産業者が次々と頭角を現し、自社製品を各カジノへ売り込んでいる。マカオ製スロット機の市場占有率は5%に至り、9割をマカオ、1割を海外へ輸出する。しかし、スロット機の製造にかかるコストは高く、業界としては一般に想像されるような好況には至っていないとのこと。

マカオ政府博彩監察協調局の資料によると、2005年に3,421台(第4季)、12.5億パタカ(通年)だったスロット機の台数と売上は、2012年には同16,855台、132.4億パタカとなり、それぞれ約4.9倍、10.6倍と大きく伸長。

陳氏によると、カジノライセンスの対外開放初期、新規カジノ施設のゲーミングテーブルやスロット機はすべて海外からの輸入に頼っていたという。しかし、開放から約10年が経つ中で、地元の家具メーカーがカジノテーブル製造、機械メーカーがスロット機の製造に乗り出すといった形で、マカオの娯楽設備製造業が萌芽し、発展してきたという。

スロット機を例に挙げると、数年にわたる研究開発を経て新要素を取り込んだ結果、各カジノ企業が採用が進み、市場の5%を占めるにまで至った。だたし、海外で開発された機器が市場をリードしている現状に変わりはない。しかし、マカオで研究開発されているスロット機は中国語によるものが多く、地元マカオ及び海外のカジノ企業が中国人マーケットをターゲットとする際に活用できる存在といえる。現状、9割を地元企業へ納品するが、欧州、米州、オーストラリアへといった海外にも1割を輸出している。

マカオのゲーミング市場はすでに世界最大規模となっており、娯楽設備の充実、メンテナンス需要も増え続けている。世間からはマカオのゲーミング関連産業は「入れ食い」状態と思われがちだが、スロット機業界に関しては想像されるほど儲かる商売でもないという。最も大きな要因はスロット機開発にかかるコスト高。スロット機一機種の設計・開発・生産にかかる総投資額は200万米ドルにも達し、先行して特許申請をした上で製造を開始し、数百万回に及ぶテスト、カジノ企業での最短3か月に渡る試用期間を経てようやく納品にこぎつけることができる。しかし、その途中でたった一つのトラブルが発生しただけで、すべてが水泡に帰すという。スロット機の機種入れ替えサイクルは約3年といい、同期間に200~300台を販売することで、ようやくコストを回収できる。

スロット機製造はハイテク産業ではないが、数学、ソフトウェア、プログラミング、キャラクターデザイン、音楽などの関連分野への波及効果も期待できる。マカオが世界一のカジノ都市であるなど、今後発展の可能性は大きいことから、業界では政府に対し産業育成へのサポートを期待している。

2012年にマカオで開催されたゲーミング産業見本市「G2E(Global Gaming Expo) Asia」でブース展開する地元マカオのスロット機製造メーカーLTゲーム社(資料)―本紙撮影

2012年にマカオで開催されたゲーミング産業見本市「G2E(Global Gaming Expo) Asia」でブース展開する地元マカオのスロット機製造メーカーLTゲーム社(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府金融管理局は3月5日、今年(2024年)1月の貨幣・金融統計を公表。内容のサマリーは下…
  2.  マカオ治安警察局は3月4日、マカオの路上で拾ったスマホを届け出せずに着服したとしてマカオで就労す…
  3.  このほどマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ウィンパレス(Wynn Palace/永利…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は3月4日夜、マカオで百日咳の感染者が1人確認されたと発表した。百日咳…
  5.  マカオ司法警察局は3月3日午前、治安環境浄化を目的とした同局組織犯罪調査部門の刑事ら防犯パトロー…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun