第66回マカオグランプリ開催概要発表…冠スポンサーは6年連続サンシティグループ

1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(以下、マカオGP)。1983年からフォーミュラ3(F3)グランプリが設けられ、アイルトン・セナ、ミヒャエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが優勝を経てF1にステップアップするなど、若手レーシングドライバーの登竜門的存在として注目を集める。

マカオ政府体育局とマカオグランプリ組織委員会は5月22日、第66回マカオGPの開催概要発表会及びスポンサー契約式を行った。

今年(2019年)の第66回マカオGPは11月14日から17日までの4日間、例年通り起伏やカーブが多く道幅も狭いことから、高度なドライブテクニックを要求される難関コースとして知られる市街地の一般道路を使った全長6.2kmのサーキット「ギアサーキット」を舞台に、3大看板レースとなる「サンシティグループF3マカオグランプリ-FIA F3ワールドカップ」、「SJMマカオGTカップ-FIA GTワールドカップ」、「サンシティグループマカオギアレース-FIA WTCR」のほか、オートバイなど6種のレースが開催される予定。

このうちF3マカオグランプリについては、今年のFIA-F3チャンピオンシップが導入した規格を採用する計画とのこと。ワンメイクシャシー、380馬力のエンジン、ドライバーの安全確保を目的とした「HALO」の装着などによって性能が向上するとした。

第66回マカオGP冠スポンサー契約式典=2018年5月22日(写真:Macau Grand Prix Organizing Committee)

第66回マカオGP冠スポンサー契約式典=2018年5月22日(写真:Macau Grand Prix Organizing Committee)

また、今大会で冠スポンサーを務めるのはマカオを中心にアジアでカジノVIPルームのほか、広くレジャー・エンターテイメント事業を展開するサンシティグループ(太陽城集團)。同社による冠スポンサーは6年連続で、スポンサー料は前回大会から25%増となる2500万パタカ(日本円換算:約3億4020万円)。スポンサー契約の締結に伴い、今大会の正式名称は「サンシティグループ第66回マカオグランプリ」となる。

大会組織委員会によれば、第66回大会の総予算は前年から5000万マカオパタカ増の2億7000万パタカ(約36億7390万円)を見込んでいるという。

第66回マカオグランプリの観戦チケットについては、6月3日から予約受付を開始するとのこと。価格は11月14、15日の練習日が各スタンド共通で50パタカ(約680円)で前年から据え置きだが、17、18日の決勝日は若干の値上げで、400〜1000パタカ(約5440〜1万3610円)の範囲(席種により異なる)となる。

「F3マカオグランプリ」では今年のFIA-F3チャンピオンシップが導入した規格が採用される予定(写真:Macau Grand Prix Organizing Committee)

「F3マカオグランプリ」では今年のFIA-F3チャンピオンシップが導入した規格が採用される予定(写真:Macau Grand Prix Organizing Committee)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  2.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  3.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun