マカオで毎年恒例の「クールビズ」スタート…8月31日まで=エアコン設定温度は「25度以上」に

このところ、マカオでは高温多湿の日々が続き、セミも鳴き始めるなど、本格的な夏シーズンを迎えている。

マカオ政府エネルギー発展弁公室は6月11日、「2019年マカオ省エネウィーク」(6月9〜15日)の開催に合わせ、同日から8月31日までの間、毎年恒例となるクールビズで省エネを目指す「便服夏,齊節能」キャンペーンを実施すると発表。

期間中、公務において制服着用義務のない公務員が軽装で出勤することを奨励するとともに、役所や公共施設のエアコンの設定温度を「25度以上」に設定し、省エネに貢献する。同局では、公務員だけでなく、一般企業や団体にもクールビズを採用するよう呼びかけており、官民一体となった省エネムードを盛り上げに期待するとしている。

本格的な夏シーズンを迎えたマカオ。写真はロータスフラワー展開催中の塔石廣場(資料)=2019年6月9日-本紙撮影

本格的な夏シーズンを迎えたマカオ。写真はロータスフラワー展開催中の塔石廣場(資料)=2019年6月9日-本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  訪中外国人向けの「区域性入境ビザ免除政策」が10月から実施されることが明らかになった。  …
  2.  目下、マカオでは中国本土で大型連休となる中秋節・国慶節シーズンを迎え、イミグレーションや観光名所…
  3.  中国本土で大型連休となる国慶節ゴールデンウィークはインバウンド旅客のうち7割を中国本土旅客が占め…
  4.  マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関として、2019年12月にマカオLRT(Light Ra…
  5.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオ内にあるJWマリオットホテルマカ…

ピックアップ記事

  1.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…

イベントカレンダー

香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun