マカオ、春節シーズンの入境ピークは1月27日から…治安警察局予測

 今年の春節(旧正月)は1月25日。アジア有数の観光都市として知られるマカオでも、例年春節シーズンに多くの旅客が往来する。中でも、インバウンドについてはおよそ1週間の休みとなる中国本土旅客が大半を占める。

 マカオ治安警察局は1月10日、今年の春節シーズンの入境ピークが3日目にあたる1月27日からになるとの予測を示し、観光名所周辺やイミグレーション施設で過度な混雑を避けるための交通規制を敷く可能性があることを明らかにした。

 また、春節前のマカオからの出境ピークは「歳末」にあたる1月22、23日になりそうだという。

 治安警察局では、春節シーズンに出入境管理官を増派して臨むほか、マカオと外地を結ぶフェリーやバスの運営会社との連携を密にして対処するとしている。また、春節直前の1月23日に再開するマカオの内港と中国広東省珠海市の湾仔を結ぶ渡し船ルートについても、すでに最大容量の旅客を想定した各種テストを実施済みとした。

2020年1月23日から再開されるマカオ・内港フェリーターミナル(GCS)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局(SSM)は9月21日、同月25日から2023〜24年シーズンの無償インフルエン…
  2.  マカオ・コタイ地区で統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオを運営するギャラクシーエンターテイン…
  3.  マカオ治安警察局は9月21日、マカオ警察総局による指揮の下、地域社会の良好な治安環境の維持と保護…
  4.  マカオ保安庁は9月21日、マカオと広東省珠海市横琴新区の玄関口となる横琴口岸(イミグレーション施…
  5.  マカオでは、9月から10月にかけての5夜にわたって「第31回マカオ国際花火コンテスト」が開催され…

ピックアップ記事

  1.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年9月号
(vol.123)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun