マカオ、19年通期の総ギャンブル売上約4兆円…対前年3.5%減…カジノは平場が好調持続、占有率53.8%に

 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

 マカオ政府博彩監察協調局は1月16日、昨年第4四半期(2019年10〜12月)及び通期の各種ギャンブル統計を公表。

 昨年通期の総ギャンブル売上は前年同時期から3.5%減の2933.12億マカオパタカ(日本円換算:約4兆0283億円)、このうちカジノによる売上は3.4%減の2924.55億マカオパタカ(約4兆0160億円)で、実に全体の99.7%を占めた。

 カジノ売上の内訳については、VIPルームによる売上を反映するVIPバカラ売上が18.6%減の1352.28億マカオパタカ(約1兆8571億円)。カジノ売上全体に占めるVIPルームの割合は8.6ポイントの大幅下落となる46.2%となり、第1四半期から4四半期連続で過半数を割り込んだ。一方、マスゲーミング(いわゆる平場)のバカラ売上は17.9%増の1207.73億マカオパタカ(約1兆6586億円)。マスのバカラ売上は2015年から5年連続で伸長しており、VIPからマスへのシフトが進んでいることが伺える。マカオのカジノではバカラが圧倒的なシェアを誇り、昨年通期のカジノ売上全体に占めるVIPバカラとマスゲーミングバカラ売上の比率は87.5%に上る。

 昨年末時点のカジノ施設数は前年同時期から横ばいの41軒で、ゲーミング(カジノ)テーブルの数は前年同時期から151台増の6739台、スロットマシンの数は950台増の1万7009台だった。

 カジノ以外の各種ギャンブルの売上については、競馬が3.0%減の0.98億マカオパタカ(約13.5億円)、中国式ロトが7.7%増の0.14億マカオパタカ(約1.9億円)、サッカーくじが20.8%減の5.34億マカオパタカ(約73.3億円)、バスケットボールくじが5.0%減の2.11億パタカ(約29.0億円)など。なお、ドッグレースはコンセッション満了により2018年6月末でレース開催を終了したためゼロ。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

【資料1】2019年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:249.42億マカオパタカ=約3425億円(5.0%減)
・2月:253.70億マカオパタカ=約3484億円(4.4%増)
・3月:258.40億マカオパタカ=約3549億円(0.4%減)
・4月:235.88億マカオパタカ=約3239億円(8.3%減)
・5月:259.52億マカオパタカ=約3564億円(1.8%増)
・6月:238.12億マカオパタカ=約3270億円(5.9%増)
・7月:244.53億マカオパタカ=約3358億円(3.5%減)
・8月:242.62億マカオパタカ=約3332億円(8.6%減)
・9月:220.79億マカオパタカ=約3032億円(0.6%増)
・10月:264.43億マカオパタカ=約3631億円(3.2%減)
・11月:228.77億マカオパタカ=約3141億円(8.5%減)
・12月:228.38億マカオパタカ=約3136億円(13.7%減)
>1〜12月累計:2924.55億パタカ=約4兆0160億円(3.4%減)

【資料2】2013年〜2018年のマカオの年間カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・2013年:3607.49億マカオパタカ=約4兆9538億円(18.6%増)
・2014年:3515.21億マカオパタカ=約4兆8271億円(2.6%減)
・2015年:2308.40億マカオパタカ=約3兆1699億円(34.3%減)
・2016年:2232.10億マカオパタカ=約3兆0651億円(3.3%減)
・2017年:2657.43億マカオパタカ=約3兆6492億円(19.1%増)
・2018年:3028.46億マカオパタカ=約4兆1587億円(14.0%増)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun