マカオのカジノ運営6社キャッシュフロー潤沢…売上ゼロでも1〜6年程度持続可能=大手金融機関見込み

 マカオ政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策のため、1月下旬から水際対策を次々と強化して臨んでいる。これに伴い、インバウンド旅客数は激減。マカオ経済の屋台骨となるカジノ業界についても、大きなマイナス影響が及んでいる。

 今年1〜3月累計のカジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)は前年同時期から60.0%減の304.86億マカオパタカ(日本円換算:約4161億円)にとどまった。このうち、15日間の閉鎖があった2月は87.8%減、水際対策が一層強化された3月は79.7%減。1日当たり平均売上は2月よりも3月の方が少なくなっている。厳格な水際対策は4月に入って以降も継続中で、しばらくの間、状況は変わらないものとみられる。

 大手金融機関のJPモルガン・チェースが4月6日に発出したレポートの中で、仮にマカオのカジノ売上がゼロになったとしても、マカオのカジノ運営6社のキャッシュフローは潤沢で、1〜6年程度持続可能であるとの見込みを示した。

 レポートによれば、6社の昨年(2019年)末におけるキャッシュフローは、サンズ・チャイナが45億米ドル(約4895億円)、ギャラクシー・エンターテインメントが68億米ドル(約7396億円)、ウィン・マカオが22億米ドル(約2393億円)、メルコ・リゾーツが27億米ドル(約2937億円)、SJMが33億米ドル(約3589億円)、MGMチャイナが10億米ドル(約1088億円)に上るとのこと。各陣営の現金消費状況に応じたゼロ収入下での持続可能年数はギャラクシー・エンターテインメントが6.3年、SJMが4.1年、サンズ・チャイナが2.1年、ウィン・マカオが1.7年、メルコ・リゾーツが2年、MGMチャイナが1.3年とした。

 同行の見込みでは、マカオのゲーミング(カジノ)業界がEBITDAバランスを達成するために必要な1日あたり平均カジノ売上は3.05億マカオパタカ(約41.63億円)以上、キャッシュフローバランスを達成する場合には昨年実績のおよそ半分にあたる同3.95億マカオパタカ(約53.92億円)以上が必要になるという。

 なお、同行が6社のマネジメント層から提供を受けた資料をベースに試算した1日あたりの営業費用は、サンズ・チャイナが440万米ドル(約4.79億円)、ギャラクシー・エンターテインメントが300万米ドル(約3.26億円)、ウィン・マカオとメルコ・リゾーツがそれぞれ250万米ドル(約2.72億円)、SJMが190万米ドル(約2.07億円)、MGMチャイナが150万米ドル(約1.63億円)とのこと。

 香港証券取引所に上場する6社の株価は4月6日に前日比で1.9〜4.5%上昇した。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  3.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  5.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun