マカオ大学が今年のマカオのGDPを2004年水準まで後退するとの予測発表…インバウンド依存度高く新型コロナの影響甚大

 マカオ大学マカオ研究センターと社会科学学部経済学科は6月29日に記者会見し、今年(2020年)のマカオのマクロ経済予測を発表。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるインバウンド旅客数、ゲーミング(カジノ)売上の落ち込みに加え、防疫措置の常態化などの要因によって、今年(2020年)のマカオのGDP(域内総生産)は2004年あるいは2005年水準まで後退する可能性があり、今後の状況の変化を考慮すれば経済成長率は「マイナス55.7〜マイナス59.1%」、政府歳入の減少は713億〜929億マカオパタカ(日本円換算:約9582億〜1兆2485億円)の範囲と予測した。

 なお、マカオ大学が今年1月時点で発表した経済成長率の予測値は「マイナス3.7%」だった。その後、新型コロナの影響が生じたことを受け、2月と4月に調整を行い、その結果を今回の予測に反映したとのこと。

 マカオ大学では、今回の新型コロナと2003年のSARSでは状況が異なり、当時は終息後に中国本土からの個人旅行の解禁(=インバウンド旅客数の右肩上がりの急成長)によってマカオ経済は復調したが、現在はすでにインバウンド旅客数のベースが巨大化しており、挽回効果は当時に及ばないとの見方を示した。このほか、いわゆる米中貿易戦や中国本土の経済成長の停滞もマカオにとってネガティブ要素となり、マカオの経済状況は決して楽観的なものではないという。このような状況を踏まえ、短期的に労働市場の安定化を主とした経済回復を推進することで、深刻な経済の落ち込みを避けることを提案するとした。

マカオ大学が今年2度目となる2020年マカオマクロ経済予測を発表=2020年6月29日(写真:University of Macau)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  2.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…
  3.  マカオ政府統計・センサス局が5月24日に公表した資料によれば、今年(2024年)4月の総合消費者…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  マカオ政府体育局とマカオの統合型リゾート(IR)運営企業ギャラクシーエンターテインメントグループ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun