マカオ、2021年4月のインバウンド旅客数は79.5万人…前年同月から71倍増、中国本土旅客がけん引

 マカオ政府統計調査局は5月24日、今年(2021年)4月の訪マカオ外客数(インバウンド旅客数)統計を公表。

 4月のインバウンド旅客数は前年同月から71.0倍増、前月からも5.3%増となる79万4819人(延べ、以下同)だった。対前月では2ヶ月連続のプラスに。ただし、新型コロナの影響が生じる前にあたる2019年の同月との比較では77.8%減で、対前年で顕著な回復が見受けられる中でも、依然として本格的な回復には至っていない状況だ。

 4月の宿泊を伴う旅客は45万0579人、日帰り旅客は34万4240人。旅客の平均滞在時間は前年同月から5.7日短い1.6日に。宿泊を伴う旅客の平均滞在時間は18.2日短い2.9日、日帰り旅客は横ばいの0.1日だった。

 4月のインバウンド旅客のうち国・地域別で最多だったのは中国本土からの旅客で、全体の92.0%を占める73万0934人、前年同月比では68.6倍増。このうち個人旅行客は30万0467人。中国本土からの旅客の原居地別では、大湾区(グレーターベイエリア)9市が52.5%、マカオに隣接する広東省珠海市が47.3%を占めた。香港と台湾からの旅客はそれぞれ5万6760人、7091人。

 4月のインバウンド旅客の入境ルートは前年同月から陸路が63.6倍増の70万8957人で最多。このうち關閘イミグレーション経由が81.3%を占めた。空路は6万2288人、海路は2万3574人。

 今年1〜4月累計のインバウンド旅客数は前年同時期から21.6%減の253万3247人。内訳は宿泊を伴う旅客が10.3%減の136万9771人、日帰り旅客が31.7%減の116万3476人。旅客の平均滞在時間は0.3日延びて1.7日に。宿泊を伴う旅客の平均滞在時間は0.3日延びて3.0日、日帰り旅客は0.1日短い0.1日。

インバウンド旅客数の顕著な回復が見受けられるマカオの観光名所周辺の様子(資料)=2021年4月、世界遺産・セナド広場(写真:MGTO)

 マカオでは昨年1月末以降、厳格な水際措置が維持されているが、マカオと中国本土における流行状況が落ち着いてきたことを受け、昨年7月15日から両地の間で往来制限が一部緩和(新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明書の提示などの条件付きで1隔離検疫を免除)された上、中国広東省珠海市居民及び広東省居民を対象にしたビザに相当するマカオ渡航許可(個人・団体観光旅行)の申請受付がそれぞれ8月12日、26日から再開、9月23日から中国本土全域に拡大した。これに伴い、中国本土旅客がけん引するかたちで旅客が戻りつつある状況が続いた。今年1月、2月にかけて、中国本土の一部エリアで市中感染が出現したことで、移動を控えるよう呼びかけがなされたことなどで一時落ち込んだが、2月下旬以降は再び落ち着きを取り戻し、3月から5月にかけてコロナ影響下の単日旅客数の最多記録更新が続いている。

 目下、中国本土を除く国・地域からのマカオ入境は厳しく制限されている状況。香港、台湾居民については、直近の滞在地、渡航歴によって分類され、入境禁止、14〜35日間(直前の滞在地域などにより異なる)の政府指定のホテルにおける隔離検疫(費用は自己負担)、新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書の提示を求めるなどの対応。外国人(マカオ就労ビザ保有者を含む)については原則入境禁止が維持されているが、昨年12月1日からマカオ入境前21日間以上中国本土に滞在していることや入境目的などの諸条件をクリアした上でマカオ当局へ事前入境申請ができるようになった。しかしながら、条件が厳しいことから恩恵を受ける数は限定的とみられる。

 マカオの昨年(2020年)通期のインバウンド旅客数は前年から85%の大幅減となる約590万人にとどまった。マカオ政府旅遊局(MGTO)は今年のインバウンド旅客数見通しを600万〜1000万人程度としている。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…
  2.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に2023年廉政公署(汚職捜査機関、CCAC)業…
  3.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に新交通システム「マカオLRT」を運営するマカオ…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、…
  5.  マカオ司法警察局は6月11日、マカオの路上で徒党を組んでスリを行ったとして中国広西チワン族自治区…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun