マカオ行政長官が2022年度施政方針演説…渡航制限措置緩和見通し

 マカオ特別行政区の賀一誠(ホー・ヤッシン)行政長官は11月16日午後、マカオ立法会において就任後三度目となる2022年財政年度(2022年1〜12月)の施政方針演説を行った。

 賀氏は、2022年度において、新型コロナウイルス感染症の予防及びコントロール策と新型コロナワクチン接種率の向上を徹底して進めた上で、渡航制限を緩和し、中国本土、香港、その他の地域との間で人的往来を正常化するために必要な条件を整え、観光業及びマカオ経済全体の着実な回復につなげたい考えを示した。

 また、昨年(2020年)、マカオではコロナ禍により各産業とも深刻な影響を受けたが、今年(2021年)のGDPは2桁成長が見込まれると述べた。

 マカオ政府がこれまでに実施してきたさまざまな市民向けの福利政策についても、同日発表された2022年度施政報告に盛り込まれた。前年に続き、今年度も歳入減から余剰金が発生しないため、市民の個人年金口座への資金注入は2年連続なしとされたが、市民への現金配布、高齢者に対する毎月の養老金及び年に一度の敬老金などは金額、規模とも前年並みで維持される。

 このほか、2025年までに世界的ツーリズム・レジャーセンターとしての充実度向上、国家安全保障のための法的・執行的メカニズム改善の継続、国全体の発展へのさらなる統合を目指すことなどを含むマカオ特別行政区第2次5ヶ年計画を2022年から本格的に実施するとした。

2022年財政年度施政方針演説を行うマカオ特別行政区の賀一誠行政長官=2021年11月16日、マカオ立法会(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月18日、知人の男性から投資名目で預かった資金を詐取したとして30代の中国人…
  2.  マカオ治安警察局は7月18日、コタイ地区の統合型リゾート(IR)併設モール内にある衣料品店の試着…
  3.  マカオ治安警察局は7月18日、店舗のレジで行列に並んでいた2人の女性に対し、後方から下半身を押し…
  4.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  5.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun