マカオ、観光名所近くの集合住宅で3人が一酸化炭素中毒死

 マカオ半島中央部の旧市街地の一角にある集合住宅の一室で1月21日、3人が一酸化炭素中毒死する事件が発生した。現場は観光名所として知られる世界遺産・聖ドミニコ教会近くの路地裏。

 マカオ司法警察局及び消防局の発表を総合すると、21日12時半頃、家事手伝いの臨時工が部屋を訪れ、玄関ドアを開けた際、室内で3人が意識を失っているのを発見。バスルーム内に28歳の女性、リビングのソファに31歳の男性、リビングの床に4歳の男児がそれぞれ倒れていたとおこと。臨時工がこの女性の母親に連絡すると同時に、近隣住民が警察に通報したとのこと。

 倒れていた3人は消防による蘇生措置を受けながら救急搬送されたが、医療機関到着時点で死亡していたという。司法警察局による初歩調査で、3人の血中に含まれる一酸化炭素濃度が非常に高く、現場から事件性を疑う形跡も見つからなかったことを挙げ、厨房にある温水器からのガス漏れによる一酸化炭素中毒死とみて捜査を進めているとした。

 マカオの旧市街地や古くからの住宅街などでは都市ガス(ガス導管を通じた供給)の普及が進んでおらず、家庭や飲食店で液化ガスを充填したプロパンガス容器を使うことが一般的。ガス器具との接続不良や使用方法の誤りなどによる事故もしばしば報告されているが、今回のような複数人が死亡する事件に発展するケースは稀だ。

マカオ司法警察局(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局と治安警察局は7月17日に合同会見を開き、同月16日にマカオ半島新口岸地区にある…
  3.  マカオ治安警察局は7月17日、マカオ半島北部にある關閘エリアの路上にいた男性に声をかけて模造品の…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第2四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)6月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun