京都を拠点とするマカオの現代芸術家シーズン・ラオ氏が仏ニース国立東洋美術館で個展開催

 今年で開館25周年を迎えたフランスの三大国立東洋美術館の一つ、ニース国立東洋美術館にて、5月13日から11月25日まで、現在京都を拠点とするマカオ出身の現代美術家、シーズン・ラオ(劉善恆)氏の個展《虛室・生白 KYOSHITSU SHOHAKU 》 – Une pièce vide devient blanche pour l’illumination Exposition SEASON LAOが開催されている。

 同美術館はモダ二ズム建築の巨匠、丹下健三氏の設計。所在地のニースはモダンアートの聖地であり、ピカソ、マチス、シャガール、イヴ・クラインなど芸術家とゆかりがありながら、コート・ダジュールは世界で有名なリゾート地でもある。本展は年に一度の全欧ナイトミュージアムやカンヌ国際映画祭、モナコのF1レースなどのイベントと同時に一部作品を先行公開し、多くの来場者に好評を得ているとのこと。

ニース国立東洋美術館の会場風景(写真提供:シーズン・ラオ氏)

 展示作品ではラオ氏の偶発的な自然現象の雪、霧から生じる余白の平面作品をはじめ、美術の空間と鑑賞者、主体と客体の境界を無くすことにより広がるインスタレーション作品「虛室・生白」と立体シリーズなど約40点が公開されている。同氏が近年取り組んでいるマカオ、日本でも発表したシリーズ「氷蓮図」に加え、マリオット系列のザ・リッツ・カールトンホテルのコレクションをきっかけに生まれた新シリーズである「寒松三日月図」の長さ22メートル大作も初登場となっている。本展に関連する図録は秋に日本、フランスで出版され、ニース国立東洋美術館の設計を手掛けた建築家の丹下憲孝氏とラオ氏の対談などが収録される予定という。

ニース国立東洋美術館の会場風景(写真提供:シーズン・ラオ氏)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun