マカオ税関が日本からの注射液など国際小包による密輸事案を5日間で3件摘発

 澳門海關(マカオ税関)は6月30日、同月24日から28日までの5日間、郵電局と合同で国際小包を使った密輸事案3件を摘発したと発表。

 品物は日本から発送された注射液(計1.2リットル)、香港からの薬品(計310粒)、ベルギーからのウイスキー(計4.2リットル)で、いずれも受取人が郵電局の窓口に来た際に税関職員による開封検査で発見され、輸入に必要なライセンスや書類を提示できなかったことから、対外貿易法違反で起訴したとのこと。

 税関では、水際における検査体制の強化を今後も維持するとした上、これらのケースについて最大10万パタカ(日本円換算:約177万円)の罰金が課される可能性があり、密輸品は政府が没収することになるとし、市民に対して物品の出入りに関する法令の遵守、また営利を目的とした密輸に関与しないよう呼びかけた。

日本から国際小包でマカオへ密輸された注射液(写真:澳門海關)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局(SSM)は9月21日、同月25日から2023〜24年シーズンの無償インフルエン…
  2.  マカオ・コタイ地区で統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオを運営するギャラクシーエンターテイン…
  3.  マカオ治安警察局は9月21日、マカオ警察総局による指揮の下、地域社会の良好な治安環境の維持と保護…
  4.  マカオ保安庁は9月21日、マカオと広東省珠海市横琴新区の玄関口となる横琴口岸(イミグレーション施…
  5.  マカオでは、9月から10月にかけての5夜にわたって「第31回マカオ国際花火コンテスト」が開催され…

ピックアップ記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年9月号
(vol.123)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun