「アートマカオ2023」京都館が8月4日オープン…上野裕二郎氏の個展開催

 マカオでは、7月28日から大規模国際文化芸術祭「Art Macao(アートマカオ)2023」がスタートした。

 今年で3回目の開催となるアートマカオは「街全体が美術館」をコンセプトとした大規模国際文化芸術祭で、10月までの間にパブリックアート展、シティパビリオン、ローカルアーティスト招待展など、期間中に市内各所に設けられる会場で約30のプログラムが開催される。

 在香港日本国総領事館は8月1日、同月4日から9月20日までマカオの文化財建築物・塔石藝文館で開催されるシティパビリオン「京都館」出展に向けた準備を進めていることを明らかにした。

 同館によれば、「京都館」では近年大きな賞を受賞し、国際的な注目を集めている京都生まれの若手アーティスト、上野裕二郎氏の個展を開催するとのこと。個展では「現代と古代、東洋と西洋、具象と抽象、存在と非存在」といった要素を統合し、絵画の多元性、独創的なコンセプト、並外れたイメージを生み出し、神話上の獣をモチーフにした油絵作品が展示される。また、近未来クリエイティブカンパニーであるワントゥーテン(英語社名 1-10,Inc.)による最先端技術を駆使した来場者が楽しめるユニークなデジタル・インタラクティブ体験スペースも設置されるという。

 京都館では、芸術性の高い作品を展示することで来場者の芸術の視野を広げることを目標にしており、来場者が展示を楽しんでいただくことを希望するとした。

 京都館オープン日(8月4日)午前11時から行われる開幕式には上野裕二郎氏とワントゥーテン社長の澤邊芳明氏も出席し、同日午後には同会場で両人それぞれによる講演会も開かれるとのこと。また、8月5日には生花ワークショップも開催されるという。

「京都館」告知フライヤー(画像提供:在香港日本国総領事館)/塔石藝文館(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun