マカオがアジアのベストコンベンションシティに選出…業界有力誌M&Cアジア

 マカオ貿易投資促進局(IPIM)は8月16日、アジアのMICE業界における有力専門誌「M&C Asia(エムアンドシーアジア)」が主催する「M&C Asia Stella Awards」のMICEデスティネーション部門で「ベストコンベンションシティ(アジア)」に選出されたと発表。

 IPIMによれば、同アワードはMICE業界のプロフェッショナル、展示会主催者、業界従事者、MICE関連業界従事者による投票によって選出されるアジア太平洋地域で最も信頼性の高いアワードとのこと。

 今回マカオが選出された理由について、主催者からマカオのMICE業界が一丸となってイベント参加者に卓越したコンベンション体験を提供する環境、施設、サービスを作り上げたことを評価されたとした。また、目下マカオは24万平米のMICEベニュー及びホテル客室4万室を擁し、設備の充実と経験値アップも進む中、少人数から数万人規模まで、また多様なニーズにも柔軟に対応できることを挙げた。

 今年第1四半期(2023年1〜3月)にマカオで開催されたMICEイベント数は208件(コンベンション196件、エキジビション10件、インセンティブ活動2件)に上り、参加者は20万人近くに達したとのこと。

マカオが「M&C Asia Stella Awards」のMICEデスティネーション部門で「ベストコンベンションシティ(アジア)」に選出(写真:IPIM)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は9月27日、マカオ半島の南灣エリアにあるマンションの一室に複数の「換銭党」と呼…
  2.  マカオ司法警察局は中秋節・国慶節の大型連休を控えた9月27日、治安環境の浄化を目的に捜査員10人…
  3.  マカオ政府は9月29日、タイパ島の益隆爆竹工場跡周辺の整備計画及びマカオ半島永福圍・草堆街周辺の…
  4.  マカオ政府交通事務局(DSAT)は9月29日、広東省深圳市と港珠澳大橋マカオ側及び珠海側のイミグ…
  5.  マカオ半島旧市街地にある「福隆新街」一帯の歩行者天国化が中秋節にあたる9月29日からスタートした…

ピックアップ記事

  1.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…

イベントカレンダー

香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun