香港国際空港の制限エリアと港珠澳大橋マカオ側イミグレ結ぶ直通バスが近日運行開始…所要時間約45分

 香港国際空港とマカオの間を港珠澳大橋経由で往来するバス「澳門香港機場直達(Macau HK Airport Direct)」運営会社は8月24日、近日中にも香港国際空港の制限エリアと港珠澳大橋マカオ側イミグレーションの間をダイレクト運行するとともに、各種新サービスを導入スタートすると発表。

 従来は香港国際空港の乗降場が制限区域外のため、香港国際空港と港珠澳大橋香港側イミグレーションで香港の出入境を行う必要があったが、新サービスでは香港出入境手続きが不要となる。また、新サービスとして港珠澳大橋マカオ側イミグレーション内に香港国際空港のチェックインカウンターでフライトのチェックインや荷物の預け入れ(目的地までのスルーバゲージ)にも対応するとのこと。

 ダイレクト便の運行スケジュールについては、運行開始の初期段階で午前7時半から午後7時半まで毎時1本、所要時間は約45分で、従来から30分程度の短縮になるという。年末にかけて、運行時間を深夜まで拡大し、最終的には24時間化、またピーク時15分間隔での運行を目指すとした。各便の座席数は36席で、台風などにより港珠澳大橋が通行止めとなる際には運休するとのこと。

 運賃は大人片道280香港ドル/マカオパタカ(日本円換算:約5000円)で、運行開始から2ヶ月間はプロモーション運賃として大人片道250香港ドル/マカオパタカ(約4500円)に。マカオ発のルートの場合、香港国際空港の離境税分が返金されるという。

 香港国際空港の制限エリアとマカオを結ぶ公共交通機関としては高速船も存在するが、コロナ前には一定数の便数が運航されていたものの、コロナ禍で長期運休を余儀なくされ、アフターコロナで運航再開を果たしたものの、便数はごくわずかにとどまっている。

香港との陸路の玄関口となる港珠澳大橋マカオ側イミグレーションビル(資料)=2022年12月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  2.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  3.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun