マカオ空港で宮城県産生牡蠣の貨物摘発…処理水海洋放出に伴う10都県産食品輸入禁止措置発動後初

 マカオ政府は8月24日に日本の東京電力福島第一原発におけるALPS処理水の海洋放出が始まったことを受け、同日以降、日本一部地域からの生鮮食品などの輸入禁止措置や日本から輸入された食品に対する放射線検査強化といった対応を講じている。

 マカオでは行政長官令(第134/2023号)に基づき、8月24日から日本の10都県産(福島県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、宮城県、新潟県、長野県、埼玉県、東京都)の生鮮食品、動物性食品、海塩・海藻類(野菜、果物、牛乳・乳製品、水産物・水産加工品、食肉類・肉製品、鶏卵等含む)が輸入禁止となった。

マカオ当局が摘発した宮城県産生牡蠣の外装に添付されたラベル(写真:IAM)

 マカオ市政署(IAM)は8月30日夜、同日マカオ国際空港で日本からの輸入食品に対する全面的な放射線量検査を実施した際、輸入禁止対象にあたる宮城県産の生牡蠣2ケースを発見したと発表。当該違法貨物について、税関と合同で押収し、市中には流通していないとした。本件が8月24日に第134/2023号行政長官令が施行されて以降で初めての輸入禁止対象地域からの水産物輸入摘発事案とのこと。

 なお、当該貨物は輸入申請手続き時に原産地を岩手県と申請していたが、IAMの職員が携行型の機器で放射線量検査を行った際、パッケージに添付されたラベルに宮城県産と書かれているのに気づいて発覚したという。

 IAMでは本件を受けて、業界に対して厳格に法令を遵守することが必須であり、貨物の出所と品質をしっかりと確認し、輸入禁止対象地域から食品を輸入しないこと、また当局が流通経路を追跡する際に必要な書類を保管するよう呼びかけた。

マカオ当局による携行型機器を使った輸入食品外装に対する放射線量検査の様子(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun