マカオ政府、新馬路及び内港一帯の活性化計画発表…IR運営事業者SJMリゾーツが参画

 マカオ政府は9月27日、新馬路及び内港一帯の活性化プランを発表。同プランにはマカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMリゾーツ社が参画することも併せて明らかにされた。

 新馬路はマカオ半島の中心部を東西に貫くメインストリートで、1918年頃に開通したとされる。全長は約600メートルで、ストリートの両側に2〜4階建ての「騎楼」と呼ばれる新古典主義のモダンな建築物が建ち並びのが特色。新馬路に隣接する十月初五日街、康公廟前地、司打口広場などを含む内港エリア一帯はかつてマカオの商業の中心として栄え、現在の主要な旧市街エリアを構成している。

 今回の活性化計画は新馬路を主軸とし、内港一帯の路地や広場へ経済効果を波及する狙いがあるといい、公共道路空間にインスタレーション・アート作品を設置したり、特徴的な建築物を再利用するなど、エリアが持つユニークな歴史・文化要素を統合し、新たな観光名所としたい考えとのこと。

かつての水上カジノ「澳門皇宮(マカオパレス)」(資料)=本紙撮影

 SJMリゾーツでは、マカオの新たなカルチャー・ランドマークづくりを目指すとし、内港14・16号埠頭にかつての水上カジノ「澳門皇宮(マカオパレス)」を移設したり、新馬路にあるレトロなシアター「金碧文娯センター」をカルチャー・クリエイティブとして再生するほか、道路や広場をカルチャー・アート空間として利用したり、定期的にフードフェスティバルを開催するなどのプランを予定しているという。

 先にマカオ政府はカジノ経営コンセッション6社それぞれと6つの歴史・文化エリア及び施設の活性化計画に取り組むことを明らかにしており、今回発表された計画のほか、ウィンマカオ社と福隆新街、MGMチャイナ社と媽閣エリア、メルコリゾーツ社と內港23号・25号埠頭及びモンテの砦における活性化計画がそれぞれ発表済み。

マカオ政府とSJMリゾーツ社による新馬路及び内港一帯の活性化プラン発表会見の様子=2023年9月27日(写真:マカオ政府文化局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun