マカオ政府、益隆爆竹工場跡周辺の整備計画など発表…IR運営事業者サンズチャイナが参画

 マカオ政府は9月29日、タイパ島の益隆爆竹工場跡周辺の整備計画及びマカオ半島永福圍・草堆街周辺の活性化計画を発表。両計画にマカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるサンズチャイナ社が参画することも併せて明らかにされた。

 益隆爆竹工場は1925年に建てられたもので、マカオに残る貴重な比較的保存状態の良い爆竹工業遺産であり、20世紀の興隆した爆竹産業の歴史を今に伝える存在となっている。政府文化局(ICM)が再生プロジェクトを進め、同年末に第1フェーズとして全長約400メートルの遊歩道と修復を終えた一部の建物の一般公開がスタートした。

 ICMでは、同施設の歴史建築と生態景観を維持することを前提に再生プロジェクトに取り組み、サンズチャイナ社と共同でインタラクティブガイドなど多元的な観光体験を提供するほか、近隣の龍環葡韻エリアの野外エリアと連携した屋台、グルメ、手工芸、ショーなどの要素を盛り込み、周辺一帯と連動して再生効果を高めたい考え。

 永福圍・草堆街については、現存する比較的面積の大きい13の建物から構成される中国式の街区で、著名な世界遺産である聖ポール天主堂跡に近く、各エリアの結節点に位置する。今後、サンズチャイナが現代アーティストの創作と交流のプラットフォームとして活用し、アート要素による活性化を図るとした。

 先にマカオ政府はカジノ経営コンセッション6社それぞれと6つの歴史・文化エリア及び施設の活性化計画に取り組むことを明らかにしており、今回発表された計画のほか、ウィンマカオ社と福隆新街、MGMチャイナ社と媽閣エリア、メルコリゾーツ社と內港23号・25号埠頭及びモンテの砦、SJMリゾーツ社と新馬路・内港エリア、ギャラクシーエンターテインメントグループとコロアンビレッジ荔枝碗造船所跡一帯における活性化計画がそれぞれ発表済み。

マカオ政府とサンズチャイナ社による益隆爆竹工場跡周辺の整備計画などの発表会見の様子=2023年9月29日(写真:マカオ政府文化局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ金融管理局(AMCM)は7月18日、今年上半期(2024年1〜6月)のマカオのモバイル決済…
  3.  マカオ治安警察局は7月20日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  4.  マカオ司法警察局は7月18日、車上荒らしで高級腕時計を盗み質入れしたとして20代のマカオ人の男を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は7月19日、今年(2024年)6月及び上半期(1〜6月)…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun