マカオ、拾得物不当占有での逮捕者相次ぐ…警察が注意呼びかけ

 マカオ治安警察局は10月13日、拾得物不当占有容疑での逮捕者が相次いだとし、市民に対して物品を拾得した場合には必ず警察に届け出をする必要があると注意を呼びかけた。

 同局によれば、近日タクシーの車内や路上でスマートフォン、カメラ、財布を落としたとする通報が3件寄せられ、それぞれ公共エリアの監視システムを活用して捜査を進めたところ、すべてのケースで被疑者の身元の特定に成功し、被疑者の逮捕に至ったのこと。

 なお、スマートフォンとカメラは現物を奪還できたが、財布については中に入っていた現金の一部が被疑者によって使われていたという。

 近年マカオでは公共エリアの監視システムの拡充が進んでおり、これ活用した犯罪捜査が大きな実績を挙げている。

マカオ治安警察局(資料)=本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は12月1日、マカオ検察院所属のバイクを壊したとして50代のロシア人の男を加重器…
  2.  マカオ政府財政局(DSF)が12月1日に公表した最新統計によれば、今年(2023年)11月前半の…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は11月30日、各イミグレーション施設でIT技術の活用を含む検査体制の強化…
  4.  マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は12月1日、今年(2023年)11月の月次カジノ売上(粗収…
  5.  マカオ治安警察局は11月29日、同月26日にマカオ半島旧市街地の路上で20代のマカオ人女性2人の…

ピックアップ記事

  1.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  2.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun