マカオ、模擬紙幣を使った両替詐欺で中国本土出身の男逮捕

 マカオ司法警察局は11月1日、両替相手に対して「練功券」と呼ばれる銀行員のトレーニング用の模擬紙幣を渡したとして中国本土出身の自称商人の男(32)を相当巨額詐欺罪で逮捕、検察院送致したと発表。

 同局によれば、被害者はギャンブル目的でマカオ入りしていた中国本土からの旅客で、カジノでプレイするため50万香港ドル(日本円換算:約960万円)の現金を用意しようと考え、チャットアプリのグループを通じて両替相手と連絡を取り、48万2500人民元と両替をすることで合意し、コタイ地区の統合型リゾート併設ホテルの客室で会って取引することになったという。しかし、取引の際、相手の指定先へ人民元を入金した後、相手から渡された香港ドルの札束を5セットを確認したところ、すべての紙幣に練功券の文字があったため、すぐに相手を取り押さえ、警察に通報したと説明したとのこと。

 被疑者は警察の調べに対し、チャットアプリで知り合った人物からマカオで他人との貨幣両替を行うよう指示を受け、成功報酬として5000香港ドル(約9.6万円)をもらえる約束だったが、模擬紙幣とは知らなかったなどと供述。被疑者は逮捕時に600枚の練功券を所持していたという。

 練功券は通貨としての価値がなく、一般に流通しているものではない。しかしながら、マカオではこれを用いた詐欺事件がしばしば発生している。

模擬紙幣を使った両替詐欺事件の証拠品(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月18日、知人の男性から投資名目で預かった資金を詐取したとして30代の中国人…
  2.  マカオ治安警察局は7月18日、コタイ地区の統合型リゾート(IR)併設モール内にある衣料品店の試着…
  3.  マカオ治安警察局は7月18日、店舗のレジで行列に並んでいた2人の女性に対し、後方から下半身を押し…
  4.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  5.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun